「ほっ」と。キャンペーン

ここに暮らす。 ここに暮らす。

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
みんなで決めよう、ひとりひとりが
2012年 01月 30日
1月も、明日で終わりですね。

最近は、
昨日のことが、3日前くらいの記憶の感覚で、日々が濃厚な気がするのですが、速度としてはとても速い感覚です。

2012年も、あと11ヵ月ですよ。

そして、2012年2月9日まで、あと10日です。

東京「原発」都民投票

みんなで決めよう「原発」国民投票

ご存知の方は多いかと思いますが、全く知らない方も少なくないんだろうと思います。

『原発』、と書かれていると、“反”とか“脱”とかによる“活動”“運動”と思われがちですし、“賛成”“推進”“容認”“黙認”“無関心”の方には関係のないこと、と思われてしまうかもしれません。

でも、少ーーーーーし、斜め読みだけでもしてみて下さい。

そうではないことが、すぐ分かると思います。

「原発」をどうしていくか。

霞が関のみなさんに、お任せするのではなく、国民ひとりひとりが、どうしたいかを考える必要があると思います。

そして、その考えを、一人一人が、公式に発言するために、『「原発」国民投票』を実現しよう、というものです。

実現したあかつきに、反対意見なら反対の票を投じればいいし、賛成なら賛成の票を投じればいいのです。

目の前の、自分の問題として、ひとりひとりが、決めましょう。


ここまで、読んで下さった方へ!!

混同しやすいことなので、こちらもぜひご一読下さい!!

「原発」国民投票の署名と「原発」都民投票/市民投票の署名とは違うの?

2012年2月9日までの署名は、『「原発」“都”民投票』の方です!!

(『「原発」“国”民投票の署名』は、ネットからの署名もできますし、2012年3月31日までに111万人分の署名を集めることを目標にしています。)

『「原発」“都”民投票』は、ハンコ(拇印も有効)を押して自署する必要があります!
市区町村別に集める仕組みになっています…が、2/9まで毎日、
渋谷駅モヤイ像前またはハチ公前(12:00~19:00)と新宿駅西口小田急ハルク前(15:00~19:00)なら、どこの市区町村の方でも都民有権者であれはどなたでも署名できます!

ほかの署名できる場所→都内の署名スポット

また、もし練馬区の方がいらっしゃったら、ぜひ声をかけて下さい!
いま、身近に練馬区の友達が全然いないので、なるつもりなかったのですが、一人でも…と思って、受任者になりました!

連絡先知っている方は直接連絡下さってもいいですし、twitterでも、構いません!

→ twitter: @autumbright


自分から、大々的に発する程の求心力があるわけではないので、どうしようか悩んでいましたが、
せっかく受任者にもなったし、あと10日、少しでも、知らなかったけど知ったからには署名したい!!という人の、力になれたらと思います。


みんなで決めよう!

ひとりひとりが!!
[PR]
by autumb | 2012-01-30 17:35 | お知らせ
つづる、会 其の三 〜つづる、喫茶と工房一粒うつわ展〜
2012年 01月 23日
ここ数日、雪や雨の日が、多いですね。
温かいものを食べたい毎日です。
冷えとりを、真面目に始めてから、3回目の冬です。
靴下は、絹、綿、絹、綿…そして最後にウールとして10枚、レギンスは、絹、竹、レーヨン、綿と3、4枚位に、ウールのロングレッグウォーマー、そしてワンピース+ウールのパンツ、という恰好をしているので、実はそんなに寒くないのですが…それでも、もちろん寒いわけなので、如何に身体を冷やさないで元気に楽しく過ごせるか、日々工夫です。

さて、
焼き菓子屋「つづる、」の会、第三回目が、今週末開催されます。


つづる、会 其の三 〜つづる、喫茶と工房一粒うつわ展〜


「つづる、」のおいしい真冬のお菓子と、工房一粒さんの、素敵な器と共に、
みなさま、温かいお茶の時間を、ぜひ楽しんでください。

以下、「つづる、」blogからの抜粋引用ですが、「つづる、」blogと併せてご覧ください。

********************

つづる、会 其の三 〜つづる、喫茶と工房一粒うつわ展〜

◎題 字 :つづる、喫茶 + 工房一粒うつわ展
◎日 時 :2012年1月28日(土)13時30分〜16時00分 
 一会 13時30分〜
 二会 14時30分〜
 三会 15時00分〜
※ 各会予約制となります
◎処   :清澄庭園内 涼亭
◎内 容 :つづる、会其ノ三として
 清澄白河の清澄庭園内の涼亭にて冬の庭園を贅沢に眺めながら
 工房一粒陶芸作家小西良さんのうつわを使い、
 つづる、の生菓子とお茶を楽しんでいただく喫茶です。
◎料 金 :¥1,000円(税込)/お菓子とお茶のセット
※ 別途入園の際に庭園入場料として、各自で¥150円をお支払いいただきます。

【 申し込み方法 】
ご予約は、メールまたはお電話にてお受けいたしております。
・メールでお申し込みのお客様
 お名前、参加人数、お電話番号、ご希望のお時間をご記載ください。
・お電話でお申し込みの方
 店舗営業日の月〜木曜、土曜日11時〜17時にお問い合わせくださいませ。
e-mail ohako@tsuzuru.jp
tel&fax 03-3532-7555

***************************

詳しくは、「工房一粒」さんのお知らせも併せてご覧ください。
『ヒトツブログ』より「つづる、会」
『一粒のこと』より「つづる、会」その1
『一粒のこと』より「つづる、会」その2


実は、今回残念ながら参加できません。
遠くから、エールを送っております!!
みなさま、「つづる、」の生菓子は、なかなか食べられるチャンスがないので、ぜひぜひ、お誘い合わせのうえ、お申し込み下さいませ。
(とはいえ、既にお席は満席とのこと…ですが、、、器の展示は自由に観られるそうなので、ぜひお散歩がてら、清澄庭園まで、遊びに行ってみて下さい。)
f0125177_19315793.jpg

写真は、第一回目の時の生菓子「白いんげん豆のモンブラン」。懐かしいなぁ。

***************************

関連記事:
焼き菓子屋「つづる、」
つづる、会 其の一 〜植物によりそう〜
つづる、会 其の一 そして 其のニ
つづる、会 其の一 ~植物によりそう~ 終えて…
つづる、会 其の二 〜こころと体を温めよう。湯たんぽ持参で冬支度、ポエトリーリーディングの夜〜
つづる、会 其の二 そして 其の三
つづる、会 其の二〜こころと体を温めよう。湯たんぽ持参で冬支度、ポエトリーリーディングの夜〜終えて…
[PR]
by autumb | 2012-01-23 19:34 | お知らせ
牡蠣
2012年 01月 02日
子供の頃、それまで普通に食べていたのだけれど、ある日、ふと、あのグロテスクな姿をじーっと見つめていたら、突如気持ち悪くなってきて、以来食べられなくなりました。

また突然食べられるようになったきっかけは、4、5年前に食べた、のらぼうの牡蠣ご飯でした。
…現金だね。笑


そんなこともあってか、牡蠣フライ、牡蠣の土手鍋、などいろいろ定番メニューってありますが、わたしは牡蠣ご飯が一番好きです。

そして、
去年、なをちゃんに教えてもらった『牡蠣のオイル漬け』(教えてもらったレシピはこちらです。)は、大変重宝する逸品で、牡蠣ご飯の次に、よく作っています。
今年もたっぷり作りました。

生ものですし、すぐ調理してすぐ食べる…という方法ばかりしか意識がなかったもので、このレシピは目から鱗でした。
オイルに浸かっていれば、1ヶ月くらい保つのだけど、半月くらいで食べ切った方が、おいしいかなとは思います。

沢山あると、ちょっとやっぱり気持ち悪いけど…
f0125177_19413056.jpg

こんなにあった牡蠣も、水分が出切ると、半分くらいの量になっちゃいます。
f0125177_19414886.jpg

こちらの写真は、↑の量の倍なんです。
2回に分けて炒めて、水分が出切ったものを合わせて、調理中。
f0125177_19421410.jpg

そして、オイルに漬け込みます。
f0125177_19424136.jpg

整列。

オイルは、ネタ元レシピではグレープシードオイルを使っていますが、わたしは『平出油屋の菜種油(ナチュラルハウスのオリジナル『平出さんの菜種油』にもなっているとこの油です)』を使っています。

それから、オイスターソース(牡蠣油)は、ユウキ食品『化学調味料無添加オイスターソース』を使っています。

ユウキ食品の調味料は、ほかのメーカーに比べて、添加物などが入っていないので、中華系アジア系の調味料は、ほとんどユウキ直品のものを愛用しています。

が…使い途中だったの物と新しい物を、ふと見比べてみたら…原材料が違っていました。
f0125177_1941598.jpg

左が現在:カキエキス、砂糖、食塩、醸造酢、酵母エキス、増粘剤(加工でんぷん、キサンタン)
右が以前:カキエキス、砂糖、食塩、澱粉(コーンスターチ)

せっかく、すばらしいスローガンなのだから、以前のものに、戻してほしいな…、と思った年末でした。

しかし、この牡蠣のオイル漬け、とってもおいしいのです。
残ったオイルも、料理に使えるし、炊き立てのご飯にかけても贅沢!!
冬のご馳走です。

そしてさらに、自分流に…

牡蠣にオイスターソース、というところがミソであるこのレシピ。
これ以外を使った、別のオイル漬けも考えてみたいです。

それから、テフロン加工のフライパンで作るのが、ポイントのこのレシピ。
テフロンじゃない鍋で、うまくできないかな…とここも工夫したいところ。
アルミの鍋と、テフロン加工(フッ素樹脂加工)の鍋を、使うのを段々やめていこうと思っているのです。
いろいろ便利なのは確かですが、思うこともいくつかあり。
今年の課題だなー、と思ってます。

しかし、本当にこのレシピを知ってから、牡蠣がどっさりあってもアタフタしなくなって、有り難いです。

ありがとう、牡蠣のオイル漬け!
[PR]
by autumb | 2012-01-02 19:44 |
干し柿
2012年 01月 01日
11月中頃、山梨県笛吹市一宮町にある宝桃園さんへ、干し柿を習いに行きました。

まずは腹ごしらえ。
f0125177_11311325.jpg

ほうとう!
大変美味しかったです。
この辺りは、麦味噌なんでしょうか?麦がいっぱい入っていた味噌でしたよ。


f0125177_11253418.jpg

こんな高いところの柿を採ります。
蜂屋柿という品種で、小ぶりで細長い感じ。
大きくて立派な百目柿というのもあって、こちらは既に仕込み済みでした。
f0125177_1126574.jpg

採った柿は、枝をT字に残してカットし、熟し具合をみて、選別。
ヘタ周りの皮を、ペティナイフで切り取り、皮をピーラーで剥いて、紐に括りつけて、吊るして干します。
剥いた皮は、干して取っておきます。たくあんを漬けるのに、使うそうです。
f0125177_11263648.jpg

この辺り、わたしががんばった柿たちです。

手持ちでいくつか頂いた“うんだら柿(熟し過ぎたとろとろの柿のこと)”は、そのままスプーンですくって食べたり、うんだら好きの友達にあげたり、あとは加工してみました。
f0125177_1132567.jpg

柿酢
…瓶に詰めて放置です。
つい最近まで、コポコポと酵母が働いていたみたいなのだけれど、最近は大人しめ。
白い酵母もいっぱい浮いています。もう少ししたら、使えそうかな。
ジャム
…柿ジャムにしてみました。火を通したら、羊羹みたいに固まりました。
柿シャーベット
…そのまま冷凍しただけですが…何かの時に、ちらっと活躍させたいです。
f0125177_11394746.jpg

たまたまブリーチーズがあったので、うんだら柿と一緒に食べてみました。
オリーブオイルと黒胡椒で味付け。
なんか、すっごいおしゃれな一皿でしたよ。

そして、いざ、自分で干し柿作業です!
f0125177_1142742.jpg

宝桃園さんの特に小ぶりな蜂屋柿を分けて頂きました。
皮の色が、濃いオレンジ色になったら、干し作業時期です。
f0125177_1142455.jpg

で、干しました。
f0125177_11434020.jpg

こっちは、江戸柿。
こちらは、習いに行く前に、うっかりぐるっぺで買ったままだったのでした。
習ってきたので、これも一緒に干せました。良かった。
大きくて水分が多いのは、皮を剥いた後、さっと湯通ししたり、焼酎をかけたりしてから干すといいとのことで…湯通ししてから干しました。

ここまでは、順風満帆だったのだけど…、
干してから、結構気温が高かったり、その後雨が降ったり…少し雨で濡らしてしまったり。
干し上がり具合が、イマイチ掴めず、カビるのも気になって、結局取り込みのタイミングを逃して、白い“こう”は出ないし、硬くて黒い仕上がりに…。
f0125177_12154814.jpg

難しいです。

とはいえ、味はおいしいのができたので、一安心。良かった。
f0125177_11573826.jpg

来年は、取り込み時期の判断と、干している間の揉み込みを強化するのが、課題です。

しかし、しばらくしたら、段々白い“こう”がそれなりに出てきている!!
f0125177_12161729.jpg

うれしい。

先生の見本!
f0125177_12165251.jpg

やわらかくてジューシー。
おいしいです。
来年もまた精進します!!


出来上がった干し柿、ちょこちょこ人におすそ分けしたりして、残りも半分くらいに。
少し、お酒に漬けこんだりしようかな、と思います。
後日、後編に続く予定!お楽しみに!
[PR]
by autumb | 2012-01-01 12:25 |
2012年
2012年 01月 01日
f0125177_10391960.jpg


あけましておめでとうございます。

2011年、このブログを訪れて下さった皆様、どうもありがとうございました。
2012年も、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by autumb | 2012-01-01 10:41 | お知らせ



暮らしの記録
by autumb
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
お弁当日記について
at 2013-05-21 13:36
今日のお弁当(3月前半)
at 2013-03-16 10:17
カバーソックスあれこれ
at 2013-03-15 23:21
Re: 何枚履いてる?
at 2013-02-15 19:31
冷えとりとわたし
at 2013-02-10 11:09
owl アウル 2月の展示会..
at 2013-02-09 17:15
「冷えとり」について
at 2013-02-08 22:01
Whole Food とタカ..
at 2013-02-07 17:32
「お直し とか」横尾香央留(..
at 2013-02-07 17:29
大阪の話その4(日帰り神戸)
at 2013-02-05 21:19
カテゴリ
全体
ここに暮らす。のわたしについて
お知らせ
冷えとり

朝ごはん
お弁当/お昼ごはん
夕食・間食・外食
その日一日
どこかへ、
ことば
音楽
衣服
建物
書籍
映像
番組
暮らし方
人。ひと。ヒト。
生活の道具
スキンケア、化粧品、など
ひとりごと
その他
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
「ここに暮らす。」について
ここに暮らす。

すてきな写真も絵も、雑貨もありません。
けれども、気持ちいい暮らしのしっぽがあります。

暮らしのしっぽ、つかんでみてください。

誰かが気持ちいいと思ったことを、また他の誰かにつなげていけたら良いなと思います。

かわいいことは何もないけれど、
一瞬に捕らえられない日々の暮らしの喜びは、あなたの暮らす、「ここ」にあるのです。

************

ku:nel49号
私たちのお弁当』(マガジンハウス)

冷えとりガールのスタイルブック』ナチュリラ別冊(主婦と生活社)

『ほぼ日刊イトイ新聞 - お直しとか 横尾香央留』
第45回 《 ポッケのパフェ 》
*エピソードとお直し
第41回 《 抜けない針 》
*こちらはお直しのみ
『お直し とか』横尾香央留(マガジンハウス)
Amazon

************

「ここに暮らす。」活動記録

個展
2007年1月19日~1月23日“cafe&gallery古本 ひなぎく”にて。

************

「シフォンの会」活動記録

2006年5月17日@ひなぎく
2006年4月12日(お花見)@某宅
2005年11月16日@ひなぎく

************

敬意と憧れと好意と共感と

くろねこかしや
(ひなぎく店番日記)
やどかり食堂(旧:みしま便り)
きつねヨーガ教室
つづる、
潤菜 どうしん
Cafe ふたつの木
(Cafe ふたつの木 旧ブログ)
食堂&cafe ひとつむぎ
玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
エバジャム
小昼
(小昼 旧ブログ)
納々屋
ひねもすのたり
まんじゅう 祭
ノラヤ
pois e'
.Fuller
owlアウル
リビングワールド
小熊千佳子
aamukahvi
Emma
笑坐版店
あしたのパン洋品店
うずら
すずきあさこ
伊藤絵里子
木村倫子
higomokkosu SHIRT
MwS a point
Harapeko Album
すみれベーカリー*smile bakery*
Yuki Kasahara “iLi”

たべごと屋のらぼう

foodmood
murmur magazine
小島聖
巡る庭 - ミドリノ

REBIRTH PROJECT

************

タカコ・ナカムラ

かおりとくらし つゆ

マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」

************

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 武蔵野/多摩地区
gift!ベジタリアン食と日々の贈り物

六ヶ所村ラプソディー
ミツバチの羽音と地球の回転

************

roverdover
お気に入りブログ
ナカマサニッキ
toricot
Let's talk a...
お茶の時間
FALL
12ヶ月手帖
letters
sayonara.words
田口ランディ Offic...
muguetakane 日記
SOSU BLOG
つくる日々。
ポチコロベーグル
私は牛乳とヨーグルトが苦...
紅茶やの便箋歌
くろねこかしや
フーテンのコラソン
ぐるりのこと
PEACH PEACH ...
TOSAKANMURI ...
moss* ~ from...
栗八工房舎
coruri/cafe ...
毎日、完全醗酵(して生き...
ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋
メディネ 日々のくすり
しあわせのしずく
small talk
なかじまや
てんとう虫の足あと
TAKASHI TSUD...
atelier
biotope~たわわな...
ふさわしい日々
冷えとり実験部 
雑学コレクション
一粒のこと
トランジション杉並
ココロとカラダの学びの場
ブログパーツ
人気ジャンル
画像一覧