「ほっ」と。キャンペーン

ここに暮らす。 ここに暮らす。

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
名古屋へ
2011年 05月 29日
少しばかり、名古屋へ行ってきました。
台風と鉢合わせ…と思っていたけれど、晴れ女パワーが発揮されました!
予報に反してほとんど雨に降られず、降っていても激しい降りには会わずに過ごせました。
雨に濡れた新緑がきれいで、空気も湿気がひどくなる前の気持ちのいいしっとり具合で、とても良い時期に行ってこれたのかもしれません。

鶴舞公園のバラを眺めながらSURIPU(スーリープー)のパンを食べました。
カボチャとくるみのキッシュ、イチゴのデニッシュを。
ふんわり、あったかい、お母さんの味でした。
朝食に頂いたカンパーニュ(プレーンとカシューナッツクランベリー)も、大らかで、元気の出る味。
名古屋のパン屋さんは、そんなに知らないけれど、ここのパンは、また食べたいなと思っています。


念願だったお店にも行きました。

f0125177_22161439.jpg

マフィンとスコーンのお店ladybug(レディバグ)

去年、たまたま通りかかった路地で「Muffin」の文字が素敵な看板を見かけて、これは気になるなぁと思っていました。(写真は、テイクアウトした袋のスタンプです。)
調べてみたら、organic cafe pinch of salt(オーガニックカフェ・ピンチオブソルト)の姉妹店?のようで、しかもオープン仕立ての時に通りかかったみたい!なんとも嬉しい出会いでした。

3年前、初めて名古屋へ行った時に、そもそもの念願だったcongari cafe(コンガリ・カフェ)へ行きました。
1999年のOliveでお店のことを知ってから、憧れのお店でした。
マクロの焼菓子、どれもこれもとても美味しくて、少しずつ全種類買ってしまったくらいです。
2009年3月26日に閉店してしまったので、結局その1回しか行かれなかったのだけれど、元スタッフのお店があると知り、いつか行きたいな、と思っていたのでした。

現在、コンガリカフェの方は長野でお菓子のお店をされているようです。
ナチュラルファクトリー
rain or shine …降っても、照っても…

レディバグでは、レモンポピーシードマフィン、ぽたぽた焼きマフィン、紅茶アップルスコーンを。
蒸しパンのようなふんわり感のあるマフィンで、火の通り具合とかフィリングのバランスとか、とても好みの味。
店内でスープセットなどもできるようで、次回はイートインしたいです。
ピンチオブソルトは、星が丘駅からバスに乗り、降りてからまた少し歩くのですが、公園の前の静かなロケーションで、とても素敵なお店でした。
ごぼうと人参など野菜の和え物が特に美味しかった。ワサビが効いていて、ワサビマヨってあったけれど、マクロのマヨだから、お豆腐とか入っていたのかな?他に、厚揚げのみぞれ和え、車麩のカツ、サラダ、ごろっと根菜とキノコたっぷりのスープに玄米。
そしてソラミミPAN
ごはんのランチを頼んだのだけれど、プレートに一口ほどの食パンが・・・食べてみたらもちもち具合にびっくり。
思わず小さい丸パンをテイクアウトしたのだけれど、翌朝蒸して食べたら、同じくもちもちで、なんとも言えない食感。滋味広がる素朴なパンでした。
お店があるようなので、ここもいつか行ってみたいです。
ちょっと欲張って、ナチュラルファクトリーの豆乳アイスを使ったパフェも食べてしまった!!
本当に滑らかでしっとりとした豆乳のマクロアイスに、ブラウニーっぽいケーキ、フルーツが盛られて、最後にクッキー(紅サツマイモかな?)が飾ってありました。

マクロビオティックのごはん、いまは毎日食べてはいないけれど、こうして美味しいお店に出会えると、とてもうれしいです。
また、食べに行きたい。


SEANTKAMIORIKAORIさんの参加されている展示「ポートレイト」を観たり、sahanで器や台所雑貨を物色したり、あみ~けA22で靴下だのレッグウォーマーだのレギンスだのを見入っちゃったり、ON READING(元 YEBISU ART LABO FOR BOOKSの方の新しいお店)とシマウマ書房で名古屋古本に没頭したり。

今回、大須で「MITSURU」というヴィンテージ古着、雑貨のお店を見つけました!
ここ、とても素敵なお店です。うっかり、ブラウス購入。

ぶらぶら大須を散策して、朝日軒でバリバリ系の駄菓子もうっかり買い。

それから、大須名物!とパッケージに印字されているカタパン(堅パン)があります。
気になっていたのですが、発見することができたので、冒険してしまいました。
堅パン、乾パンよりも堅い保存食なのです。
詳しくは、ウィキペディアを参照下さい。→ウィキペディア堅パン
北九州名物のくろがね堅パン株式会社スピナ)は、成城石井で販売されているので、見たことある方も結構いらっしゃるかも?と思うのですが、これものすごく堅くて、口の中を激しく怪我します。
でも、こういうのなんで魅かれるんでしょうね。ガリガリ食べたくなります。ミルクに浸しながら、ゆっくり食べるのもまた良いです。
で、大須名物のカタパン(岩瀬食品(岩瀬パン))はというと・・・いろんな意味でもなかなか手強かったです。
岩瀬パン、店内のパン棚に、それぞれ商品名と一緒に原材料も明記していました。
パン屋さんでこういうことしているところって、自然食志向のパン屋さんしか有り得ないというか・・・でもここは全くそういう意図ではなくて、行くと分かると思うのだけれど、いろんなことを思い巡らせられる、ある意味すごいパン屋だと思いました。
かつての創業当時?の白黒写真とか、余計に時代の流れの何がしかと想像させられるものがいっぱいです。

わたしたち、戦後を、高度経済成長を経て、いま、飽食の時代を生きているんだよ、って思えます。
外食産業って、中身が全然分からないけど、外側やイメージを作り上げて、買う側に本当は一番必要であろう中身の情報を気にさせないようにしている部分が多すぎるな、ということを、はたと思わされるような気がしました。

…とはいっても、お店側はそういう意図ではないはずで・・・。
一人でいろいろどきどきしてしまいました。

巣鴨と秋葉原と竹下通りを足して3で割ったみたいな大須。
巣鴨が好きな私は、意外にも大須も好きなのでした。

中国茶の楽工房 L'O-Vu (ロ・ヴー)で漢方茶を飲んだり、トロワプリュス 3+でカジタコーヒーを飲んだり、Feelatease juice kitchenのグレープルーツ ホットエードでまったりしたり、カフェ パルランテで自家製ホットジンジャーと自家製ホットカルピスで温まったり。

和菓子も忘れずに。
f0125177_22205250.jpg

不老園の白百合最中。
名古屋市の市花が白百合なんだそうだ。好みの粒あんがたっぷり。注文してから詰めてくれます。
f0125177_2221520.jpg

琥珀羹の中に大納言小豆が入った「大島製 さざれ石」は、黒糖の風味たっぷり。

東京ではあまり見かけないのだけど紅茶屋さんえいこく屋も。
出会いはなぜか、呉のそごう。
ここでカレーも食べてみたい。

カレーといえば、いつも通っている本山のbabooshka
本当においしいカレーなのです。
今回は、根菜カレー(中辛)を。蓮根が表ポイント、ピーナッツが隠しポイント?のカレーでした。



そして、名古屋名物も!
ジャンクな印象が強い名古屋名物。
そういうの食べるんだ??、と思われそうだけれど、旅の楽しみで、毎回何かしらチャレンジしています。

今回は、天むす!(発祥は三重でしたが・・・。)
f0125177_22163585.jpg

上前津駅近くの、「めいふつ 天むす 千寿」にて頂きました。
お店で食べたのだけれど、なんだか遠足気分になる食べ物!
小さい海老2匹と、ちょこっとあれはミツバだろうか、が入っていて、それがおむすびの中に。海苔も可愛く巻かれています。そして、付け合わせはきゃらぶきとな。これが合うんだね~。

そして、帰りの新幹線用に、3年振りのコンパルのエビフライサンドをメイチカでテイクアウト。
注文してから、7分くらい。熱々を持たせてくれます。
薄切りのこんがりトーストパンに、玉子焼き、エビフライ3本、カツソースとタルタルソース、そして千切りキャベツたっぷり、がむぎゅっとサンドされています。

口の小さいわたしには、どちらも食べにくくて大変なんですが…天むすはお箸で半分にしてから二口で、エビフライサンドは若干解体しつつも頑張って頬張りました。

名古屋って、海老物が多いな、と思いました。海老せんべいで有名な坂角もエビです。
エビ、と来たら、タコ!
偶然ですが、日間賀島のタコについて、今回初めて知りました。

エビとタコ。

気になる名古屋の魚介類です。調べようっと。




春は旅行のシーズンなのだけれど、今年は3.11で、そんなことすっ飛んでいました。
でも、逆にこんな時の西の雰囲気を感じてくるのも貴重だとも思い、少し時期をずらして行くことにしました。
自分にとっても、いろんなことから少し解放される時間になって、とても良かったです。

またいろんなこと、頑張らなくては。

「一歩引いて、別の選択肢を考えて」

ちょっとした導きもあったのか?
でも、あまり深く考えずに、今を進むべし。

毎日、朝日と共に鳥の鳴き声がいっぱい聞こえてきました。
夜は、雨音が響いていました。

いつも、沢山の気付きや課題が生まれる名古屋。
単純に楽しいことや面白いこと、美味しい物にもいつも何かしら出会えます。

贅沢な数日間。どうもありがとう。
[PR]
by autumb | 2011-05-29 22:37 | どこかへ、
横尾香央留 「お直しとか」展
2011年 05月 19日
f0125177_2321286.jpg

横尾香央留 「お直しとか」展

昨日から、FOIL GALLERYにて、横尾香央留さんの個展 「お直しとか」展が始まりました。

実は、以前お直しして頂いた私物が、3点飾られることになり、昨日観に行ってきました。
自分が着倒した服や、握りしめ過ぎて汚れているバッグを、人目に晒して大丈夫か…という心配もありつつ、愛着のある私物を通して、物を大切にする気持ちも伝わったらいいなぁ、なんて思っていました。

f0125177_23281895.jpg

真っ白なギャラリーには、横尾さんの著作『プレゼント』(雄鶏社刊)に登場する作品の現物や、これまでに雑誌などで掲載された刺繍やお直しの作品、そして(多分個人的に)お直しされたいろんな服などがずらりと飾られていました。

上の方に飾られたものは、階段を上がって接近して見られるようになっていたり、じっくり細部も見入ることができて、触れないけれど作品に近づける展示です。

とてもきれいな透けるピンク色の生地に、これまた良い色味の小花があちこちに咲いているワンピースが印象的でした。

『古着のシミに小花』

地味な白のマスキングテープに鉛筆でさらっと書かれたタイトルが、まるで詩のようで、作品とのバランスが絶妙でした。

千鳥格子が踊って見える…というようなコメントと共に、どれどれ…と見やると、なんと端っこでウサギが!!
ぷっと笑わずにはいられないこのセンス!

手袋のお直しや、チノパンの擦り切れのお直しなど、自分も今度お願いしたいなぁと思うものもいろいろありました。

雑誌で使われたフルーツの刺繍や、動物の刺繍も、とても可愛かった!
ブドウと鹿が、お気に入りでした。

そしてそして、自分の服たちはというと、階段に上って見る場所に2か所、ずらっと並んでいるところに1か所、飾られていました。

う、嬉しい。正直、本当に、とても嬉しかったです。

展示を見ていてすぐに思ったのだけれど、
自分自身の「物を大切にする気持ちも伝わったらいいなぁ、」なんて気持ちは、傲慢だったと反省もしました。

横尾さんを通して“お直し”された数々の衣服は、持ち主の愛着と、それを汲み取って命を吹き込んだ横尾さんのセンスで作り上げられた世界なのです。

この「直す」という行為を越えた、楽しくてワクワクする横尾さんの「お直し」に、わたしもハマった一人なのでした。


会期は、再来週の月曜日まで。
ぜひ、遊びに行ってみてください。わたしの私物も、どれか当ててみて下さいー!



下記、FOIL GALLERYサイトより、展示案内引用

**

横尾香央留 「お直しとか」展
2011年5月18日(水)-5月30日(月)
12:00 - 19:00 日曜休廊

フォイル・ギャラリーでは2011年5月18日(水)から5月30日(月)まで、横尾香央留 「お直しとか」展を開催いたします。

横尾香央留は、文化服装学院ニットデザイン化卒業後、ファッションブランドのアトリエにて手作業を担当。
2005年に独立し、現在吉祥寺に作業場を構えて、刺繍やニットを用いたお直しを中心に活動しています。

彼女の「お直し」は、ただ古いものを元のように戻すだけではありません。
ついてしまった染みには、なぞるように刺繍をし、ほつれてしまった糸をフリンジにしたり、穴のあいてしまったニットからは虫が頭を覗かせたりと可愛らしいモチーフがプラスされています。
そうして使えなくなったものを新しいものへと変身させる彼女のお直しは、見た目の可愛らしさだけではなく「もの」への愛情が溢れています。その大切にされた「もの」に触れることは、ものが使い捨てられ消費され続ける、今の社会を見つめなおすきっかけになるかもしれません。

今回の展示では、彼女がこれまでに手がけたお直しの作品や、彼女が友人や家族に贈ったプレゼント、これまでに手がけた雑誌連載の原画など、多数の作品を展示いたします。彼女のイマジネーションが広がる世界を、どうぞご高覧ください。
会期中には彼女自身がギャラリーに滞在し、制作も行います。また、ワークショップも開催しますので、ぜひこの機会にご参加ください。
[PR]
by autumb | 2011-05-19 23:59 | どこかへ、
祝島の寒干し大根とMOMONGA
2011年 05月 15日
f0125177_1050729.jpg

祝島の寒干し大根と、ku:nel 49号

わたしのお弁当が掲載されている、このku:nelによって、先日とてもつもなく嬉しいことが起こりました。
少し間が空きはしましたが、興奮が収まってからでないと、ちゃんと書けないな、と思っていたので、今になりました。

2年前の神戸旅行で、ずっと気になっていた「玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA」へ行きました。

サイトやブログを見ていてイメージしていた通り、生産者の方への思いや、環境や私たちの生活への思い、食材への思い、食へも考え方、いろんな部分で共感することばかりのお店でした。

頂いたランチも、とてもおいしくて、また食べたくなる味でした。

そして、MOMONGAさんで出会った祝島のひじきと寒干し大根から、わたしの祝島への思いも始まりました。

2年前と変わらない思いでいるので、その時に書いたことを、またここに載せますが…

**

MOMONGAのメニューページにあるテイクアウト欄にも紹介されているのだけれど(干しひじきと寒干し大根の他に、びわ茶も)、最後にこんな文章が添えられています。

*産地の上関では、1982年に上関原発計画が浮上して以来、
祝島漁民が反対し続け、現在にいたります。
「原発のお金に頼らない町づくりを」の主義で
ずっと反対運動をがんばっておられます*

エネルギー関連の問題は、
なんとも一口に答えが出せる話ではなく、ここで白黒言えないけれど、
こんなにおいしいものを丹精込めて作っていて、それを生活の糧に暮らしている人たちがいて、
食べておいしいと思う人がいて、ちゃんと買ってくれる人がいて、
ただそれだけでいいじゃないか、と思います。

**

あれからわたしは、ひじきも寒干し大根も、びわ茶も、買い続けています。

そして、数ヶ月前にku:nelのお弁当ページに出させて頂く機会に恵まれた時に、ここで好きな食材として祝島のものを紹介したいな、と思っていました。
でも、端境期だったので、現物は手に入れられなくて、結局お弁当にも入れられないし、半ば諦めていたのだけれど、文面で「祝島の寒干し大根」という言葉を使って頂けた時には、とても嬉しかったです。

撮影などが終わり、発売を待っているときに、映画を見に行きました。

「ミツバチの羽音と地球の回転」です。
「六ヶ所村ラプソディー」に続く、鎌仲ひとみ監督の作品です。

それを見た後にも、MOMONGAさんのことを思い出していました。

**

日記を読みながら、こうやっていつも考えながら、でも明るく自分らしく、生き生きとやっていたい、と思うのです。
お手本のような、お店です。

**

そんな憧れのお店であるMOMONGAさんの日記に、わたしのku:nelのお弁当のページが出ていたのです!!
4/21の日記

興奮せずにはいられなくて、でもすぐ神戸に行くことはできないし、思い切ってメールを送りました。
すると、また改めて、この衝撃的な事実について、日記に書いて下さったんです!!
5/7の日記


地震が起こり、原発の事故が発生しました。

その直後にku:nelが発売されました。
ku:nelにお弁当が掲載されました!!嬉しい!、なんて言えるような心境ではなかったのだけれど、いろんな思いがこもっているわたしのお弁当が掲載されたことにも、ちゃんと意味があるはず、とも思い直して、このブログにもお知らせで書きました。
そして、こんなことがきっかけで、多くの人が原発に関心を寄せることは悲しいけれど、わたしのku:nelのお弁当ページをたまたま見て下さった方が、「祝島の寒干し大根」の文字に目を止めてくれたら、それはものすごくすごいことだ、とも思っていました。

そのお一人が、わたしに祝島のことを教えて下さったMOMONGAさんだったのだから、こんな偶然あるなんて!!、ととてもつもなく嬉しかったんです。

教えて下さって、ありがとうございます。

そんな気持ちを、お伝えする機会に恵まれたようなものでした。

そして、同じ思いを持っていることで、繋がれたんだと思いました。

浜岡原発の停止が実現したことも、日本中の、世界中の人の思いが、繋がって、大きな力になったからだと思いました。

この2ヶ月、“『科学的』に示される「安全」”を指示する人たちと、“市民が求める「安心」”のギャップが、やはり平行線の境界線なのかな、と感じています。
リスクコミュニケーションってことなのかもしれません。でもそれは、癒着や利害関係、上下関係、利権云々ではなくて、人と人との信頼関係から全ては始まるってことだと思っています。

本当に、エネルギーの問題は、考えることが沢山あるし、目に見えてこない分からないこともいっぱいあるように感じています。

けれども、

何が大切なことなのか。

何を守って生きたいか。

そういうことを、もっともっと深く深く、考える時だと、感じています。

沢山の自然の恵みを受けて作られた祝島の寒干し大根を、多くの人に、まずは食べてもらいたいです。


日々の暮らしの喜びは「ここにある」。

わたしも、はつらつと、イキイキでいきたいです!

玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
[PR]
by autumb | 2011-05-15 11:18 | 人。ひと。ヒト。



暮らしの記録
by autumb
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
お弁当日記について
at 2013-05-21 13:36
今日のお弁当(3月前半)
at 2013-03-16 10:17
カバーソックスあれこれ
at 2013-03-15 23:21
Re: 何枚履いてる?
at 2013-02-15 19:31
冷えとりとわたし
at 2013-02-10 11:09
owl アウル 2月の展示会..
at 2013-02-09 17:15
「冷えとり」について
at 2013-02-08 22:01
Whole Food とタカ..
at 2013-02-07 17:32
「お直し とか」横尾香央留(..
at 2013-02-07 17:29
大阪の話その4(日帰り神戸)
at 2013-02-05 21:19
カテゴリ
全体
ここに暮らす。のわたしについて
お知らせ
冷えとり

朝ごはん
お弁当/お昼ごはん
夕食・間食・外食
その日一日
どこかへ、
ことば
音楽
衣服
建物
書籍
映像
番組
暮らし方
人。ひと。ヒト。
生活の道具
スキンケア、化粧品、など
ひとりごと
その他
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
「ここに暮らす。」について
ここに暮らす。

すてきな写真も絵も、雑貨もありません。
けれども、気持ちいい暮らしのしっぽがあります。

暮らしのしっぽ、つかんでみてください。

誰かが気持ちいいと思ったことを、また他の誰かにつなげていけたら良いなと思います。

かわいいことは何もないけれど、
一瞬に捕らえられない日々の暮らしの喜びは、あなたの暮らす、「ここ」にあるのです。

************

ku:nel49号
私たちのお弁当』(マガジンハウス)

冷えとりガールのスタイルブック』ナチュリラ別冊(主婦と生活社)

『ほぼ日刊イトイ新聞 - お直しとか 横尾香央留』
第45回 《 ポッケのパフェ 》
*エピソードとお直し
第41回 《 抜けない針 》
*こちらはお直しのみ
『お直し とか』横尾香央留(マガジンハウス)
Amazon

************

「ここに暮らす。」活動記録

個展
2007年1月19日~1月23日“cafe&gallery古本 ひなぎく”にて。

************

「シフォンの会」活動記録

2006年5月17日@ひなぎく
2006年4月12日(お花見)@某宅
2005年11月16日@ひなぎく

************

敬意と憧れと好意と共感と

くろねこかしや
(ひなぎく店番日記)
やどかり食堂(旧:みしま便り)
きつねヨーガ教室
つづる、
潤菜 どうしん
Cafe ふたつの木
(Cafe ふたつの木 旧ブログ)
食堂&cafe ひとつむぎ
玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
エバジャム
小昼
(小昼 旧ブログ)
納々屋
ひねもすのたり
まんじゅう 祭
ノラヤ
pois e'
.Fuller
owlアウル
リビングワールド
小熊千佳子
aamukahvi
Emma
笑坐版店
あしたのパン洋品店
うずら
すずきあさこ
伊藤絵里子
木村倫子
higomokkosu SHIRT
MwS a point
Harapeko Album
すみれベーカリー*smile bakery*
Yuki Kasahara “iLi”

たべごと屋のらぼう

foodmood
murmur magazine
小島聖
巡る庭 - ミドリノ

REBIRTH PROJECT

************

タカコ・ナカムラ

かおりとくらし つゆ

マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」

************

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 武蔵野/多摩地区
gift!ベジタリアン食と日々の贈り物

六ヶ所村ラプソディー
ミツバチの羽音と地球の回転

************

roverdover
お気に入りブログ
ナカマサニッキ
toricot
Let's talk a...
お茶の時間
FALL
12ヶ月手帖
letters
sayonara.words
田口ランディ Offic...
muguetakane 日記
SOSU BLOG
つくる日々。
ポチコロベーグル
私は牛乳とヨーグルトが苦...
紅茶やの便箋歌
くろねこかしや
フーテンのコラソン
ぐるりのこと
PEACH PEACH ...
TOSAKANMURI ...
moss* ~ from...
栗八工房舎
coruri/cafe ...
毎日、完全醗酵(して生き...
ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋
メディネ 日々のくすり
しあわせのしずく
small talk
なかじまや
てんとう虫の足あと
TAKASHI TSUD...
atelier
biotope~たわわな...
ふさわしい日々
冷えとり実験部 
雑学コレクション
一粒のこと
トランジション杉並
ココロとカラダの学びの場
ブログパーツ
人気ジャンル
画像一覧