ここに暮らす。 ここに暮らす。

<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ku:nel[クウネル]49号『台所のうた。』に、お弁当掲載されました。
2011年 03月 20日
f0125177_9394825.jpg

昨日発売されたku:nel49号『台所のうた。』に、お弁当を載せて頂きました。
創刊当初からの人気連載『私たちのお弁当』(旧:エブリデイ・マイ弁当)ページです。

創刊時、ここに載りたいなぁ…と思っていました。
でも、わたしなんかのお弁当は無理だろう、と応募することもせず、そんな思いもどこかへやってしまい、年月が過ぎていきました。
それから9年くらい経ったのかな…去年の夏から秋にかけて、食事もろくに取れず、お弁当もやっとこおむすびをむすぶだけの状態が続いたのだけれど、このままではいけない、とまたいつものお弁当を再開して、久しぶりにku:nelのお弁当ページに目をやり、気持ちを新たにしていたら、ご縁があって、幸運なことに掲載の運びとなりました。

偶然の重なりのような、必然のような。
夢が叶うって、こういう感じなんだ、とじんわり、思いました。

発売期間が3月19日~5月19日(かな?)ということで、使う野菜はなるべくこの時期も出回っているものを、と自分なりに意識はしましたが、いつも通りの、あきみつ弁当です。
あ、でも、「ふつうのお弁当の日」の方は、体調の考慮なく、若干元気モリモリバージョンかもしれない。笑
「おむすび弁当」は、元気がないとき、ちょっとがんばれないときバージョンです。

まだ、全然他の記事も読んでいないのだけれど、巻頭の包丁の話から、とても魅力的な目次でした。
それから、ぱらっと見ていたら、大好きな米田有希さんが出ていらっしゃったので、とても嬉しかったです。
10代の頃のバイブルだった大好きな『mcSister』の歴代専属モデルの中でも、大好きなモデルの上位に位置する米田さん。
ただただ、そんなどうでもいいことなんですが、同じ号に載っててすごく嬉しい。


なお、クウネルのサイト上コンテンツでも、『私たちのお弁当』にて一部掲載されていますので、併せてご覧ください。

f0125177_9415911.jpg

それから、
murmur magazineの関連書籍、
「冷えとりガールのスタイルブック」ナチュリラ別冊(主婦と生活社)も、まだまだ好評発売中!
既に5刷でございます。
もうご存知の方ばかりかと思いますが、こちらにも掲載されています。
わたしのことを知っている人からは、大分はっちゃけているね!?と言われます。笑
ふふふ。
(『浅田家』で2009年木村伊兵衛賞を受賞された、浅田政志さんに撮って頂いたのだ!すっごい記念!)


***

「こんなときに…」とか「こんなときだからこそ…」とか、
どうしてもそんな言葉を前置かずには、誰もが何も話し始められない気持ちでいるかと思います。
わたしも、どうやってこのことを書こうか、と一晩悩みました。

でも、いま東京にいるわたしは、
日々の暮らしから、自分の足元から、淡々と始めることしかないと思っています。

何にも起こらなくても、何かを日々淡々と続けることは、すごいことなのだから。

知らないうちに、パニックになっていたようで、友人から教えてもらった2つの日記を読んだら、我に返れました。
大友良英のJAMJAM日記
2011年3月15日「少しでも状況がよくなりますように」
JOJO広重 BLOG:2011年3月14日「いつか、音楽が聞こえてくるから」


mixiの、2005年頃の日記をざっと見返していました。
仕事が大変過ぎて、疲弊しきっていたけれど、それ以外の話題は、ku:nelのこととか、米田有希さんのこととか、いまと本当に変わらなくて、可笑しかったです。

そして、あの頃も、今と変わらず、同じようなことで悩んでいました。

murmur magazine編集長、服部みれいさんのマーマーな☆ダイアリーにて、2011年3月16日の日記「空を見あげながら、考えていること、あれこれ」にも、その同じ悩みについて書かれていました。

“周波数がちがうものどうしの対話について”

Aだ!Bだ!って(声に出そうが出しまいが)言い合っている場合ではなく、Cだね!、とお互いがお互いに言うことが、必要なんだと思います。

よく分かりませんかね?
でも、多分そうなんです。


言葉が足らず、至らず、思いを伝えきれないかもしれないのですが、ただただ、淡々と、そして、感情の波が押し寄せてきたら、ポノり、そして祈り、また淡々と。
その繰り返しだと思っています。
[PR]
by autumb | 2011-03-20 10:35 | お知らせ
2011年3月16日(水)
2011年 03月 16日
f0125177_1315394.jpg

今朝の朝食

2/27(日)のTABE TABI MARKETvol,7 かぶの会にて買った『おかげさま農場』の赤かぶをじっくり菜種油で焼いてから、先月の帯広での友達の結婚式の引き出物で頂いたあしょろ農産公社ゴーダチーズを乗せて、あこべるのあこロールに挟んで食べました。

たかはしよしこさんの『かぶ屋』洋風おつまみブースで出されていた、“温海かぶのこんがりサンドイッチ”をマネして、良く作っています。
イベントでは、ハーブや間引きされた(とても小ぶりだったので、間引きなのかな?と思った)アスパラガスに、“ふきのとうみそモッツアレラ”か“ストリドーロとトリュフ塩”を選べました。
あの日は、とってもスペシャルな一日だったなぁ。懐かしい。

付け合わせは、小豆島オリーブ漬けと、近所の畑のブロッコリー。

最後に、あこロールをもう半分焼いて、エバジャムを乗せて食べました。
去年、夏に買った“杏&甘夏のミッックスジャム”。
大事にし過ぎたけれど、開けました。とってもおいしいの。

エバジャムさん、週末に「キチム」で行商されるそうなので、行けたら、空き瓶を届けたい。
「ひとりシジャンvol.3~ミカン尽くしの巻~」
(“今回の売上げの10%を義援金として被災地へ”送るそう。)



普段通り、がなかなかできないでいます。
昨晩の大きめな余震で、涙が出てきました。
あんまり、張り詰めているつもりもないのだけれど、自分で思っている以上に、ストレスを抱えてしまっているようです。

被災したわけでもなく、都内に居るというのに、とても情けないのですが、
でも、
いままで、考えていなかったわけではないけれど、やはり後回しにしていたことやいろんなことを、再び考えるきっかけになったりして、そういう思いがぐるぐると体内を回っているからなのかもしれない、と思います。

いろんな思いが、言葉になりません。
お見舞いの言葉とか、(このブログは極私的なものでもあるけれど)冒頭にも書かずに、ひどいのかもしれないけれど、うまく書けません。


オーガニックベースの奥津典子さんのブログ「奥津典子のマクロビオティック教室」を、本当に久しぶりに読みました。

参考までに。

2011年03月14日東北・関東大地震について  1
2011年03月14日東北・関東大震災について 2
2011年02月20日冷え と 寒くなる前のご飯のこと


久しぶりに奥津さんのブログを読もう!…と思ったきっかけが、こちら。

被爆に対してできること

*ヨウ素の件で…イソジンね。。
これも、なんだかアレなのですが。。一応過去の文章は消しておきました。すみません。


「長崎原爆記」、「死の同心円」の著者、秋月辰一郎氏についても、今回のこの地震がきっかけで知りました。
長崎の爆心地近くの病院で被曝され、病院患者に味噌汁、梅干、わかめを多く摂らせて被害を最小限にとどめたそうです。
長崎原爆記は、海外にも翻訳されていて、チェルノブイリ原発事故の時には、ヨーロッパ各地で読まれて、味噌が求められていたとか。




いろんなことを、改めて思い、考え、自分に問い直しています。

難しい話は、いくらでもあるし、いくらでもしなくてはいけないとは思います。

でも、メディネの純子さんの昨日のブログを読んで、深呼吸をしました。


それから、偶然twitterでお見かけしたイラストレーターの小関祥子さんのつぶやきに、ほろりとしました。

ただ明るくて、可愛らしくて、心がなごむようなものを。



最後に、原田郁子さんの言葉。


[PR]
by autumb | 2011-03-16 13:01 | ひとりごと
2011年3月15日(火)
2011年 03月 15日
もやは風邪なのか、花粉症なのか、ストレスなのか、分かりませんが、
咳が止まりません。。

さっき、いろんなことを、猛烈に書いたのだけれど、いきなりぷっつりインターネットが切れて、パーになりました。

きっと、パーになって、良かったんだろうな。

そう思うことにします。


とにかく、

梅干しと、味噌と、海藻と、ゴマ塩を食べるのみです。

みなさん!日本食を、しっかり噛み締めてください!!
[PR]
by autumb | 2011-03-15 17:18 | ひとりごと
塩むすびと石巻こだわりおでん
2011年 03月 15日
f0125177_145341100.jpg

f0125177_1453411.jpg

昨日の夕食は、塩むすびとおでんでした。
(うっかり、食べかけでおいしそうに見えない写真です。すみません。。)

塩むすび。
こんなときは、塩むすびだ!!と思って、炊き立てのご飯を塩だけでぎゅっとむすんだのですが…、
やっぱり水を付けずにむすぶのって難しいですね。
マーマーで、塩むすび講習会、してくれないでしょうか…。
手に、いっぱいご飯粒を付けることになり、それでお腹がいっぱいに…苦笑。
でも、なんとかむすべたおむすびを食べつつ、大好きな石巻こだわりおでんを食べました。

f0125177_14534148.jpg

石巻こだわりおでんセット

もう何年もお世話になっている高橋徳治商店のおでんセットです。

練製品!とっても大好きです。
でも、練製品って、本来は魚のすり身が主なのに、混ぜ物がいっぱいで、魚のおいしさなんてこれっぽっちもなくて、悲しくなることがいっぱいあります。しかも、添加物もいっぱいだし、好きな食べ物だけど、気軽に食べる気になれません。もちろん、魚のすり身をまとめて、揚げているのだから、日持ちもしないだろうし、海辺の魚介豊富な土地でもない東京の真ん中で、おいしい練製品を食べたい!なんてことが、贅沢なんだと分かっています。
だからこそ、手に入るおいしくて食べたくなる練り物は、ありがたくて嬉しくて、大事に頂いていました。

つみれが特に大好きで。ここのを食べたら、他のつみれは食べられないです。
はんぺんも、ちくわも、人参とかごぼうが入ったのも、すり身のまるまったしろっぽいのとか、どれも大好きです。
何年も食べていると、いろいろ変化もあります。
前に入っていた種の方が良かったなぁ…なんてことも少なくないですが、それでもここのをもうずっと贔屓にして、頑張ってほしくて、毎年買っていました。

このおでんセット、また食べられることを祈りながら、一つ一つ、頂きました。


石巻こだわりおでんセット

原材料:
魚肉(タラ(国産)、ヨシキリザメ(国産)、沖ギス(国産)、ワラズカ、ホッケ、アブラツノザメ、小魚、サバ、サンマ、メヒカリ)、ばれいしょでん粉(遺伝子組み換えでない)、豆腐(遺伝子組み換えでない)、卵白、煮だし汁(カツオ、サバ)、食用米油、にんじん、山芋、砂糖、ごぼう、たまねぎ、魚介エキス(カツオ)、発酵調味料、食塩、味噌(大豆(遺伝子組み換えでない))、清酒、酒粕、レモン汁、長ねぎ

株式会社 高橋徳治商店
宮城県石巻市川口町2丁目1-35


f0125177_14534138.jpg

おでんに入れるのは元より、出汁に使う昆布は、この缶に入れています。
大船渡おさかなセンターで買った、小野寺せんべい店の南部せんべいが入っていた缶です。
おさかなセンターへも、また行けますように。
また、南部せんべいも買えますように。

祈ります。
いまは祈るのみです。

そして、三陸の、豊かな海の幸や、内陸、福島の豊かな土地の幸を、買い支えたいです。
ただの一般人で、消費者だってくらいしかないわたしでできることは、個人的にできる寄付や義援金と、買い支えだけだと思っています。
買い支える以前に、復興までがどれだけなのか、想像できないけれど、いつか必ず、また食べられるように、買いに行けるように、そのための何かが、アリのごとくの力であっても、ハチドリの神話のように、忘れずにいたいです。
[PR]
by autumb | 2011-03-15 14:53 | ひとりごと
2011年3月11日(金)→12日(土)
2011年 03月 12日
丸一日が過ぎようとしています。

地震が起きた時は、職場に居ました。
ちょうど、電報を打っていて、デスクの下に避難しつつ電話していたけれど、いよいよ危険!と感じて、「すみません、ちょっと待って下さい!」と言って、受話器を保留にして、しっかりデスクの下に隠れました。
幸い、大事には至らなかったけれど、電話口の向こうの人は、何でもないのかしら?と思い、「すみません、すごい地震があって…そちらは大丈夫なんですか?」と聞いたら、「そうでしたか!こちらは沖縄なので!」と返ってきた!!
電報のコールセンターって、いつも東北ばかりだったのに、昨日だけ沖縄の人で、なんともすごい偶然でした。


仕事の合間に、つながらない電話をかけ続けたり、テレビやらで情報収集しつつ、なんとか就業時間までは居たけれど、
都心の古いビルで一夜は越せない、と思い、18時に退社、3時間ちょっと歩いて、21時過ぎに帰宅できました!


途中、身体の具合を見つつ、都バスやタクシーを使って帰れれば…と思ったけれど、バス停は行列、そして道は渋滞してて歩く方が明らかに早そうだし、バス自体全然来ないし、来たって人でいっぱい…。
タクシーも、多分もっと都心で乗っちゃう人ばかりなのか、空車は見当たらず、反対車線は、空車と思うと全て回送…。

運良く、新目白通り→新青梅街道のほぼ一本道を12キロ強だったので、足やら腰やらが悪い私でも、最悪4時間歩き続ければ帰れるかな、と思って、真っ暗にならない内に…と歩き始めて正解でした。

道行く人たちは、我先に!とガシガシ歩く人も多くて、
小柄な上に、足が悪くてびっこ引き引き、ひょこひょこ歩いているわたしは、いろんな人たちに蹴散らされてしまって、何度も、よろめき、コケもしました。。

一人、「大丈夫ですか?」と声をかけてくださったおじさんに、心から感謝しています。

でも、一人で歩いて帰れたから、自信にもなりました!
ちょっと持病部分が悪化したり、足の裏に水ぶくれができたけれど、冷えとりファッションだったから、夜道も寒くなかったし、自分もこれだけなんとか一人でできるんだ!!と帰ってからも、力がみなぎる気分でした。

自然と自分が、同調するような状態を必要とすることを知る、というか、真価を試される時だった気がします。
でも、そんなことも、被災地ではないから、言えるのかもしれないけれど…。

我が家は、古い鏡台以外は割れ物類は無害で、片付けなどもほぼなし、家族も無事でした。
都内の友人知人の被害状況を聞くと、我が家は家がしっかりしてるのが実証されました。
父が設計した我が家。
25年以上経っていて、リフォームもしてないけれど、これだけ丈夫なんだ!、と実感しました。
特に、造り付けの家具類なんかは、中身も全く動いてなくて、ガラス棚も、何事もなかったようで、台所はまさに無傷!!
本棚も、わたしが不安定に積み重ねたもの(苦笑)以外は、ビクともしていませんでした。
それに、庭木の根っこが、家の下やら周囲やらにいっぱい蔓延っているので、それらも家を支えてくれたんだとも。
特に、生垣のモチノキが、がんばってくれたんだと思います。

植物に感謝。
父に感謝。


ほっとして、身の安全もとりあえず確保できたら、やはり気になるのは、被災地のこと。

友達の実家がある大船渡が、とても心配です。
陸前高田とかも含めて、三陸沖など行ったことあるので、中継を見ただけで涙が止まりません。

先日、女川の生ワカメを職場で頂いたばかりで、今夜はそれを食べる予定です。
ヨウ素だしね・・・。
三陸沖の、ワカメや魚介、被害甚大ですよね。
そもそも、安否確認のレベルだし、これからのことが、本当に、心配です。
生産者への義援金や、チャリティーなども、回ってくるだろうから、それらにちゃんと参加したいです。


そして、原発も心配です。
今後の風評被害も心配なのだけれど、
自分自身の身の危険もあるし、とりあえず、ヨウ素!

数年前の、臨界事故のときも、風評被害で売れない干し芋、ちゃんと放射能チェックして安全だから、というので生協で積極的に買ったのを記憶しています。



“自然災害が起きるのはわたしたちが各々の内面の問題を放置している責任だと感じています。”

とは友人のツイートだけど、みれいさんのブログ読んで、気持ちを落ち着けて、ポノり、祈り、節電してます。

情報収集もしつつ、
自分の心も大事にして、
土日を過ごしたいと思います。

電話もメールも、繋がらなくて、近くの人もいなくて、心細かったけれど、
唯一、携帯からツイッターが使えて、本当に心強かった。

実際には、誰も助けられないし、助けてもらえないけれど、自分を見ててくれる友達がいるから、がんばって歩いて帰れる!、と思えたんです。

ありがとう、ツイッター。

デマが流れたり、必要以上の危険を煽ったり、公式RTのこととか、いろいろ問題も出ているようですが、
わたしも、自分の判断で、良しと思ったことを、リツイートしたり、ツイートしたり、出来る範囲でしたいです。

昨日から一夜明けて、まとめてみました。
[PR]
by autumb | 2011-03-12 16:46 | ひとりごと
無事です!
2011年 03月 11日
無事帰宅!
電話が未だに繋がりませんが、無事帰宅!
[PR]
by autumb | 2011-03-11 22:22
連絡下さい!
2011年 03月 11日
歩いて家に向かいます。

誰か連絡下さい!
[PR]
by autumb | 2011-03-11 18:08
続・おいしい文旦
2011年 03月 11日
いいな、と思ったところを、いくつか印していたので、併せて。

*****

2010年10月24日の日記「VIVA!」より、一部抜粋。

展らん会で作家たちと話をしてると、
一度も笑顔を見たことの無いお父さんや
つなごうとした手を振り払ったお母さんが登場したりします。
自分の中にある暗闇を受け止めて、
明るい方を見て 生きて行こうと思うことだって出来るんだね。
人間ってすごい。
チリの地下700Mに閉じ込められた人たちも、
希望を失わずに生還したんだよ。
VIVA LOVE & PEACE !

*****

2010年10月6日の日記「プロセス」より、一部抜粋。

同世代でもある糸井さん、いったい彼の何がそんなにも人を惹き付けるのか、ターセンなりに考えてみた。
日本人の気質としては仕事は大変でツライもの耐えてこそ実りがあるんだという考え方に、
そうかもしれないけど、楽しんでもいいんじゃない?って
先頭切って言ってくれた気がします。
星野リゾートの星野さんも結果は運だってキッパリ、
だから大事なのはプロセスなんだとも。
全く同感、プロセスに全力を尽くした後は、楽しみに天命を待つのみ。
フツーにしているのに、何かいい事あったんですか?って
聞かれる事が多いターセンの笑顔の秘密はそこにあります。

*****

2010年9月5日の日記「会話」より、一部抜粋。

ターセンのお父さんは 食事も別、会話は母さん経由みたいな昔の人だったけど,
きっと同じ様に心配したり、安心したりしてくれていたんだろうなぁ。
やっぱりね、思っている事は伝えた方がいいよね。
話すは「離す」「手放す」っていうんだって。

*****

垣間見得る暮らし振りからだけでも、資本の桁が違い過ぎて、びっくりすることがあるけれど、
はっとさせられることは、そういうこととは無関係だと思うので、繰り返し読んでしまうのかも。

餃子にしても、チーズケーキにしても。

gallery feveのdiary
ターセンの光年記
[PR]
by autumb | 2011-03-11 12:40 | 人。ひと。ヒト。
おいしい文旦
2011年 03月 09日
gallery feveのdiary、ターセンの光年記を、わりと定期的に読んでいます。

単純に、ギャラリーオーナー夫妻が飼われている犬のトトちゃんが、可愛過ぎて、それ見たさ、なこともありますが・・・。

最近の日記で、とても素敵なのがあったので印しておこうと思います。

*****

2011 年 3 月 5 日の日記「願う力」より、一部抜粋。

誰かと一緒に暮らすって、
自分一人じゃ生涯食べなかっただろう果物を毎日食べたりすることです。
おいしい文旦はまさにそれにあたります。

*****

こんな風に、互いに思える関係って、本当に幸せだろうと思います。

どんなに趣味が一緒でも、
どんなに好みが合っていても、
どんなに価値観が合致していても、

人と人は皆違うし、全てが同じなんてことはあり得ない。

同じ、であることよりも、
違う、ことを良しとできる関係が、いいな、と改めて思うのでした。

そこから、始まる、新しいことが、いっぱいあるはずなのだ。

そんなことを、再確認する夜でした。

おやすみなさい。
[PR]
by autumb | 2011-03-09 23:51 | 人。ひと。ヒト。
反省
2011年 03月 08日
f0125177_17371970.jpg

毎朝、外にあるバケツの氷の張り具合とか、庭や近所の畑の霜柱の出具合とか、寒さの目安になんとなく見ています。

写真は、ちょっと前だけれど、1月30日の氷の具合。
バケツから取り出して、厚みチェック!

昨日は、午前中すごい雪だった。
もう春も近いのに。三寒四温ですね。

*****

今日、なんで平日のしかも真昼間にいっぱい更新されたかというと・・・、

先月から、ちょっと頑張り過ぎてしまって、今日は休養日にしたからなのでした。

久しぶりに、たっぷり寝ました。
1ヶ月以上振り。
手帳を見て、自分で驚愕していました。
うー、よくがんばった!!でも、無理し過ぎだよ!!
ごめん、自分!!

がんばるのは大事なんだけれど、自分のペースを崩しちゃ、やっぱりイカンな、と反省。

気付いたら、いろいろ欲張ってしまった。

人よりも、キャパが狭いのを、ついつい気にして、自分の許容量以上のことをやってしまおうとする。

まだまだ、無意識に人と比較してしまう自分がいっぱい居ます。



本当は、今週末に京都へ行く予定でした。

でも、京都行きを決めた後、

習い事を始めて、しかも2つ始めて、
料理教室も行って、
部活も始めて、
生マーやユーストも参加し、
先輩とプロジェクトを始動させて、
(仕事ではないけれど)うれしい事に参加させて頂いて、

日常に加えてがんばることが、気付いたら盛り沢山でした!!


大好きな、さわひらきさんの作品を、アサヒビール大山崎山荘美術館で観られるという、素晴らしい機会があったのだけれど…
欲張っては、全部が中途半端になっちゃうな…と思い、優先順位をつけて、諦めました。

うー、悲しい。

でも、また京都に行く機会はいっぱいあるだろうし、さわひらきさんの作品も、アサヒビール大山崎山荘美術館も、またの機会を楽しみにしようと思います。

そして、ちゃんと身体メンテナンスして、盛り沢山のこと、無駄にしないで、一つ一つやっていきたいです。
[PR]
by autumb | 2011-03-08 17:53 | ひとりごと



暮らしの記録
by autumb
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
お弁当日記について
at 2013-05-21 13:36
今日のお弁当(3月前半)
at 2013-03-16 10:17
カバーソックスあれこれ
at 2013-03-15 23:21
Re: 何枚履いてる?
at 2013-02-15 19:31
冷えとりとわたし
at 2013-02-10 11:09
owl アウル 2月の展示会..
at 2013-02-09 17:15
「冷えとり」について
at 2013-02-08 22:01
Whole Food とタカ..
at 2013-02-07 17:32
「お直し とか」横尾香央留(..
at 2013-02-07 17:29
大阪の話その4(日帰り神戸)
at 2013-02-05 21:19
カテゴリ
全体
ここに暮らす。のわたしについて
お知らせ
冷えとり

朝ごはん
お弁当/お昼ごはん
夕食・間食・外食
その日一日
どこかへ、
ことば
音楽
衣服
建物
書籍
映像
番組
暮らし方
人。ひと。ヒト。
生活の道具
スキンケア、化粧品、など
ひとりごと
その他
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
「ここに暮らす。」について
ここに暮らす。

すてきな写真も絵も、雑貨もありません。
けれども、気持ちいい暮らしのしっぽがあります。

暮らしのしっぽ、つかんでみてください。

誰かが気持ちいいと思ったことを、また他の誰かにつなげていけたら良いなと思います。

かわいいことは何もないけれど、
一瞬に捕らえられない日々の暮らしの喜びは、あなたの暮らす、「ここ」にあるのです。

************

ku:nel49号
私たちのお弁当』(マガジンハウス)

冷えとりガールのスタイルブック』ナチュリラ別冊(主婦と生活社)

『ほぼ日刊イトイ新聞 - お直しとか 横尾香央留』
第45回 《 ポッケのパフェ 》
*エピソードとお直し
第41回 《 抜けない針 》
*こちらはお直しのみ
『お直し とか』横尾香央留(マガジンハウス)
Amazon

************

「ここに暮らす。」活動記録

個展
2007年1月19日~1月23日“cafe&gallery古本 ひなぎく”にて。

************

「シフォンの会」活動記録

2006年5月17日@ひなぎく
2006年4月12日(お花見)@某宅
2005年11月16日@ひなぎく

************

敬意と憧れと好意と共感と

くろねこかしや
(ひなぎく店番日記)
やどかり食堂(旧:みしま便り)
きつねヨーガ教室
つづる、
潤菜 どうしん
Cafe ふたつの木
(Cafe ふたつの木 旧ブログ)
食堂&cafe ひとつむぎ
玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
エバジャム
小昼
(小昼 旧ブログ)
納々屋
ひねもすのたり
まんじゅう 祭
ノラヤ
pois e'
.Fuller
owlアウル
リビングワールド
小熊千佳子
aamukahvi
Emma
笑坐版店
あしたのパン洋品店
うずら
すずきあさこ
伊藤絵里子
木村倫子
higomokkosu SHIRT
MwS a point
Harapeko Album
すみれベーカリー*smile bakery*
Yuki Kasahara “iLi”

たべごと屋のらぼう

foodmood
murmur magazine
小島聖
巡る庭 - ミドリノ

REBIRTH PROJECT

************

タカコ・ナカムラ

かおりとくらし つゆ

マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」

************

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 武蔵野/多摩地区
gift!ベジタリアン食と日々の贈り物

六ヶ所村ラプソディー
ミツバチの羽音と地球の回転

************

roverdover
お気に入りブログ
ナカマサニッキ
toricot
Let's talk a...
お茶の時間
FALL
12ヶ月手帖
letters
sayonara.words
田口ランディ Offic...
muguetakane 日記
SOSU BLOG
つくる日々。
ポチコロベーグル
私は牛乳とヨーグルトが苦...
紅茶やの便箋歌
くろねこかしや
フーテンのコラソン
ぐるりのこと
PEACH PEACH ...
TOSAKANMURI ...
moss* ~ from...
栗八工房舎
coruri/cafe ...
毎日、完全醗酵(して生き...
ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋
メディネ 日々のくすり
しあわせのしずく
small talk
なかじまや
てんとう虫の足あと
TAKASHI TSUD...
atelier
biotope~たわわな...
ふさわしい日々
冷えとり実験部 
雑学コレクション
一粒のこと
トランジション杉並
ココロとカラダの学びの場
ブログパーツ
人気ジャンル
画像一覧