ここに暮らす。 ここに暮らす。

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
復旧(多分)しました!
2011年 02月 24日
この前の土日に、一応復旧したのですが、書かずにいました。

基本的に土日にしかパソコンを開かないので、なんとなく復旧してない気も…。

でも、パソコン自体のトラブルではなさそうでしたし、一先ずの対処方法もいくつか知ることができたので、少し安心です。

こんなへなちょこに、ご連絡下さった方、心配して下さった方に、感謝。

ありがとうございます。
[PR]
by autumb | 2011-02-24 08:03
Help me !
2011年 02月 16日
家のパソコンのインターネットが接続できなくなりました。

Webも開けないし、メールも受け取れません。

「ネットワークアダプタに問題が…」と表示されます。

ADSLなのですが、「ケーブルをネットワークアダプタ“ローカルエリア接続”に差し込んで下さい。」とか「使用可能なワイヤレスネットワークを表示します。」とか、表示されるのですが、どれをどうしたらいいのか、全く分かりません。

インターネットに繋がらないから、一々分からない用語をGoogle検索することもままならず…かろうじで携帯から検索するも、イマイチ検索方法がうまくないのか、役立つところに行き着けません。。

いま、近くにパソコン周りに詳しい人が居ません。
携帯を買い替えるのもできないくらいなので…いまのパソコンも、自分では買えませんでした。

「サーバーが応答しません」とか「ホストが見つかりません。」とか「アカウント」とか「プロトコル」とか「ポート」とか「ソケットエラー」とか、どれをどうしたらいいか、全く分からないんです。

どなたか、
こんなへなちょこにちょっとでもご助言下さる方がいらっしゃいましたら、どうぞお助け下さいませ。


本当に、いままでなんとなく、あとは人任せでやってきたツケだと思ってます。

ちゃんと自分でパソコン使えるように、こういうことにも対処できるようにしないと、生けてけないんだと思いました。

こんな本を読んだら良いよ!、みたいなのがあったら教えて頂きたいです。
私よりも更に更に全く分からない親がむやみに買ってきた「困ったときの実例集!」みたいなのは、困ったシーンは乗ってるんですが、対処方法が全く意味通じませんでした…。。


苦手なこと、つらいこと、嫌いなこと、なのですが、もうこれから一人でなんとかしなくてはならないので、どうか、なんでも良いので、こんな本が良いとか、パソコン教室はこういうのを習うとこに行ったら良いとか、なんかほんのちょっとでも、お助け下さいませ!


携帯知ってる方は携帯にメール頂けると助かります。
ここのコメント欄でも、一応携帯から見られるから、大丈夫です。

よろしくお願い致します。
[PR]
by autumb | 2011-02-16 08:03
冬の十勝帯広
2011年 02月 12日
f0125177_239034.jpg

f0125177_239018.jpg

帯広駅前広場の鹿さんたち。
マフラー、誰が巻いたんだろう。

マイナスの世界に、行く前は不安だったけれど、
寒さがつらいことはなく、気持ちが良かった。

都内とは違う風習の結婚式にいろいろカルチャーショックしつつ、始まりと終わりに、泣いちゃいました。
本当に良かったな。
本当に嬉しかった。


思いがけず、
ブーケトスならぬパラシュートベアを取っちゃった!

なんか良いことが、起こるね!


冬の十勝帯広。
行けて良かった。

また、何度も帯広に行くんだ!
[PR]
by autumb | 2011-02-12 23:09 | どこかへ、
焼き菓子屋「つづる、」
2011年 02月 04日
f0125177_185078.jpg

「つづる、」

美味しい焼き菓子のお店が、OPENしました。

『つづる、』

それぞれの焼き菓子には、独特の名前が付けられていて、想像力を掻き立てられます。
食べることで、それは一層豊かに広がりました。
『つづる、』という店名からも、続きがあるような、余韻のあるお菓子に思えました。


まずは、クッキーいろいろ5種類。

・くろ(黒糖・塩クッキー)
全粒粉と黒糖、強い同士に塩も強く効いていますが、クセになる味。
男性や、お酒の好きな方に、好まれそう。

・こま(ごまと味噌のクッキー)
胡麻は、よくあるんだけれど、これ、ただの胡麻じゃない。
黒ごまに、八丁味噌が隠されている。
黒胡麻の旨味が、八丁味噌の旨味と相まって、懐の深い味をつくっています。
短めのスティック状のそれは、なんとも小気味よく、ポリポリと食べてしまいました。

・ます(キャロブとごまのクッキー)
いなご豆=キャロブ。
ほのかな甘味や苦味、ココアのようなアロマを下支えするのは白胡麻の風味。
シンプルでいて、確かな存在感があります。

・ふかみどり(モロヘイヤクッキー)
モロヘイヤのクッキー。
健康志向とか、思われちゃいそうですが、とっても深い味。
何の緑だろう…、と不思議になりながら、その美味しさにハマりました。

・つち(ごぼうとペカンナッツのクッキー)
口に入れたそばから、ごぼう?と驚きました。
そして、その旨さの秘密はペカンナッツとのハーモニーによるもの。
単にごぼうだけでは出せないであろう、独特の広がりがありました。
『つづる、』の中で、一番好きな味。

どれも、ホロホロと口の中で砕ける様が上品で上質で、脇役は片栗粉が効いているからかな?
そして、油分はどれも米油。土台はどっしりとした味わいなれど、素材を引き立て、食べた後が軽いのは、このためかな?
と思います。

だから、バターを使っている“おこし”は、『つづる、』の中で特別な印象でした。

・おこし(オートミールとお米のクッキー)
ライスパフとオートミールに、バターがガツンと旨味をぶつけています。
古風かと思ったら、実は今っぽい味でした。
子供から大人まで好きそう。

甘さ、に関してはどれもさりげなく穏やか。
そこに、メレンゲが入ると、いいアクセントになります。

・しそカルメ(しそのメレンゲ)
甘さに、しそ、を加えるところが、なんともニクイです。
塩竈でしょうか。和菓子を彷彿とさせます。

ふんわりとした焼き菓子は2種類。

・カステイラ(かすてら)
懐かしい、卵が活きているカステラです。
そして、八丁味噌が、その風味と奥行きの深さをさりげなく演出しています。

・ケイク(パウンドケーキ)
ふんわりおいしいパウンドケーキ。
“ケイク”には、バターが入っているけれど、やはり“おこし”とは違う、軽やかさ。
使い加減にも寄るとは思うけれど、クッキーのバターの主張と、ケーキのバターの主張は違うな、と思う。
“カステイラ”と同じく、どことなく懐かしさ漂うシンプルな味。
季節ごとに違う味。これからが楽しみです。
いまは、生姜とレーズン。白味噌が入っているところが『つづる、』らしい気がします。
どんな味なんだろう。

季節のお菓子、
節分の“コマメ”と
バレンタインの“黒豆きなこのチョコレート、三重県産深蒸し上煎茶のカルメ”も気になります。


月島の長屋に店を構える『つづる、』。
店内からは、古い物が放つ存在感が、お菓子のそれを引き立てています。

自分への、日常の贅沢としての「おくりもの」。
誰かへの、ハレの気持ちの「おくりもの」。
毎日の中の、いろんなシーンに合わせた、『つづる、』の「おくりもの」の形が、オリジナルの箱包みからも、想像が膨らみます。

素材選びからも、
作り手から作り手へ、作り手から食べ手へ、食べ手からさらに食べ手へ、と人と人をつなぐお菓子作りをされている、と感じました。

洋菓子である焼き菓子だけれど、
使う素材はどれも日本のものがほとんどで、味の根底には日本の食の力強さが有るように感じます。
だからか、どことなく懐かしさがあり、男前さを湛えています。
けれども、和菓子のような繊細さが感じられるのは、『つづる、』の技術の確かさなのでしょう。
背筋を正して、お茶と一緒に頂きたくなります。
でも、足を崩して、のんびりお茶をすすりながら頂くのも、いいな。

なにより、大好きな焼き菓子のお店が一つ増えて、とても嬉しいです。
[PR]
by autumb | 2011-02-04 18:05 |
寒さの感覚
2011年 02月 02日
もう、春の気配だなぁ、と感じます。
まだまだ寒いけれど、節分だし、立春だし。

2011年の恵方は、南南東らしいです。
豆まきは、毎年欠かさずですが、
恵方巻は習慣がないので、受験生だった年に縁起を担いでやったけれども、それっこっきりで、なんとなく恵方巻情報を毎年耳にしつつで、終わります。
お休みの日とかだったら、朝から太巻き作ったり、できたら楽しいなぁ。



冷えとりを真面目に始めて、2回目の冬だけれど、本当に寒さに対する感じ方が変わりました。

冬ですし、もちろん寒いんですが、その寒さに対する、身体の感覚が、違うんです。
下半身を温かくしていると、上半身は自ずと下半身より薄着になりたくなりました。
下半身を厚く、上半身を薄く…と言われなくても、そうしたいのです。
それから、今までは、何は無くとも、首回りにストールやマフラーをぐるんぐるんにしないと、寒さがダイレクトにビンビン来て、だから意識の上でも、寒邪が首筋から入り込んでしまう!!、ということに捕われて、更にぐるんぐるんしなくては!!、となっていました。
けれども、いまはそこまでというか、寒いけれど、むしろぐるんぐるんしたくない!!のです。
さすがに、空調の冷気が首元に感じられると防御しますが、巻き方は自分史上稀にみるゆる巻き具合です。

よくイメージとして、
“やかんを火にかけると、蒸気が上に上がって、抜けていく”感じ、とありますが、まさにそんな感覚なのです。

眠るときも、いくら上半身を厚着しても、足先が冷たければ、全然寝つけません。
湯たんぽを寝るときに使い始めて5年目ですが、足下が温かいと、上半身はむしろ薄着の方が寝心地良いのは確かでした。
そういう感じで、日中も過ごす、ってことなんだな、と今になって実感しています。

もちろんそれでも、寒いし、冷えはします。
決して、素足になりたい!なんて感じじゃないです。
(でも、そういうのって多分、火照りだなと。温かいのは、暑いとは違う、火照ってる感覚とは全く違う、と体感できました。)
だから、更に暖かくさせたり、一日の終わりに半身浴や湯たんぽで、その日の冷えを解消しています。
とはいえ、どんどん冷えます。笑
どんどん冷えを感じ取れるようになっている、ということなのかな、と思います。
“まるで玉ねぎの薄皮を一枚一枚剥がすが如くに、冷えは身体の奥からどんどん出続ける…”と聞きますが、まさにそんな感じです。

でも、今までの寒い感覚とは、やっぱり全然違うのです。
で、確実に、今の感覚の方が、気持ちがいいのです。
気持ちがいいので、ずっと下半身を温かくしたくなります。

不思議なものだな、と思います。

今の方が、寒さや冬と、仲良くなれている気がします。
冬は、寒いね。
それで、いいのだな、と。

とはいえ、この半年のツケが待ってはいるのです…。
そろそろ、花粉があやしい季節にも突入しようとしています。
一つ前の日記に書いたように、夏場から、食事事情がヒドイ有り様だったので、今年の花粉は、ヤバイかもしれない…と実は怖くなってっています。
学生時代、軽い花粉症症状が出たときに、1年かけて肉類と砂糖、乳製品を控えて、あと花粉を食べて(ラベイユで販売している花粉を、当時たまたま見つけて食べてました。花粉症に効くとかで…。)、治しました。
1年後、その手の症状が全く出なかったんです。
で、それから毎年秋から春に向けて、意識的に肉類、砂糖、乳製品を取り過ぎないようにしていました。
ちなみに花粉はそれ以降食べてません。
それから、夏場は、冬場の冷え対策のために、学生時代から冷たい物を控えています。

ということで、今年は、そういう日々の積み重ねが全くないので、心配なんです。
花粉が5倍とか10倍とか聞くので、更に。
数日前まで、全然そんなことに気も回っていなかったのも、まだまだ復活しきれていない自分に気付いたけれども、
なにせムズムズ感を数年振りに感知しちゃったものだから、もう気が回らないわけがない。

もう、春の気配だなぁ、と感じます…キケンな春です。
自分のやったことが、返ってきちゃう、春かもね、です。
でも、それでちゃんと出てくれたら、嬉しいことでもありますね。

何があっても、春に感謝。
明日は節分、大晦日、明後日は立春、元旦です。
[PR]
by autumb | 2011-02-02 17:50 | ひとりごと
冷えとり丸1年。
2011年 02月 01日
f0125177_8551417.jpg

落雁 諸江屋の唐松せんべい。
白味噌入りの餅種せんべい。
軽い口当たりと、白味噌の上品な風味が、温かいお茶と寒い冬に季節にぴったりでした。




冷えとりを、真面目に始めて丸1年経ちました。
正確に言うと、2010年1月1日から始めたので、ちょうど1年と1ヶ月です。

半年過ぎた頃までは、今思えば、小さなめんげんがちらほらあったのに、見て見ぬ振りして、体重が減ったり、食欲が落ち着いたり、目立った良いことがいろいろあったので、結構浮かれていました。
が、…見て見ぬ振りしていたものが、夏場に大き過ぎる精神的なめんげんとして出てしまって、
ほとんど食べられないという日々を過ごし、秋の半ば頃から、今度は食べ過ぎが続き、そのまま年を越して、今に至ります。

せっかく、順調(?)に進んでいて、そんなときにスタイルブックにも載せて頂いたのに、
うまくいかない半年間は、いろんなところで「見たよ!」と言われると、嬉しい反面、ちょっと辛くもありました。

だけれど、
食べられなかった夏場数ヶ月も、今度は何かから逃れるように甘いものや揚物を食べられるだけ食べてしまって、後で気持ち悪くなるのを繰り返していた秋から冬も、自分にとっては、どうしようもない心が、なんとかバランスを取って生きようとする術だったんだろうな、と思っています。
ごめんね、自分。ありがとう、自分。

後々体調を崩すのを分かっていても、やめられないこと・・・やっぱり、甘いものと揚物なんだな、私は。
(タバコは嫌いでやったことないし、お酒は好きだけれど飲まなくて全然平気だし、お肉も特別欲することも無いし、粉物は好きだけれどセーブできるし。)

晩秋に、ただいま!と言いつつも、年明けに、がんばります!と言いつつも、まだまだダメなのです。
なかなか復活できない自分が、とても情けなくて、仕方がないけれど、冷えとり始めて、1年経ったことや、スタイルブックを見たりして、自分の足下の感覚に意識をやったりして、何が大事なことか、何を優先すべきか、ちゃんと考えて、逃げずにいられるように、ちょっとずつだけれど、戻ってこれている、気がします。

無駄食いも、無駄じゃない!
友達がかけてくれたその言葉に、何度も支えられての日々だった。

そんなこんなで、無理矢理元気を取り戻したり、今までしなかったようなことにトライしてみたり、新しいことに首を突っ込んでみたり、それもある種現実逃避ではあったのだけれど、いろんな行動が種になってか、
新しい出会いがあって、新しい友達の輪っかができて、2011年は、新しい楽しいことが、待っている気配がムクムクしています。

そして、前と変わらずにいまも友達で居てくれてる友達と、新しく出会えた友達に、恩返し!と思っています。

根本的な問題は、もうずっとずっと前からのことだけれど、それに伴っての現実に、去年は悲しい涙をいっぱい流しました。
けれども、それを上回る嬉しい涙もあったのだし、悲しさや辛さにめげているばかりじゃいけない、前を向くべし!、と思っています。
自分を大事にできるのは、やっぱり自分しかいないのだし、ずっと生きて行くために自分の身体が一番大切なのだし、誰よりも先に、自分が自分を抱きしめてあげよう!
独り黙々と淡々と生きることに、気持ちを戻して行こう。

また今日から、冷えとりを再スタートさせた気持ちで、まっさらな気持ちで、やって行こうと思います。
また体重戻るといいなぁ…あ、期待はしないしない。笑
[PR]
by autumb | 2011-02-01 08:55 | ひとりごと



暮らしの記録
by autumb
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新の記事
お弁当日記について
at 2013-05-21 13:36
今日のお弁当(3月前半)
at 2013-03-16 10:17
カバーソックスあれこれ
at 2013-03-15 23:21
Re: 何枚履いてる?
at 2013-02-15 19:31
冷えとりとわたし
at 2013-02-10 11:09
owl アウル 2月の展示会..
at 2013-02-09 17:15
「冷えとり」について
at 2013-02-08 22:01
Whole Food とタカ..
at 2013-02-07 17:32
「お直し とか」横尾香央留(..
at 2013-02-07 17:29
大阪の話その4(日帰り神戸)
at 2013-02-05 21:19
カテゴリ
全体
ここに暮らす。のわたしについて
お知らせ
冷えとり

朝ごはん
お弁当/お昼ごはん
夕食・間食・外食
その日一日
どこかへ、
ことば
音楽
衣服
建物
書籍
映像
番組
暮らし方
人。ひと。ヒト。
生活の道具
スキンケア、化粧品、など
ひとりごと
その他
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
「ここに暮らす。」について
ここに暮らす。

すてきな写真も絵も、雑貨もありません。
けれども、気持ちいい暮らしのしっぽがあります。

暮らしのしっぽ、つかんでみてください。

誰かが気持ちいいと思ったことを、また他の誰かにつなげていけたら良いなと思います。

かわいいことは何もないけれど、
一瞬に捕らえられない日々の暮らしの喜びは、あなたの暮らす、「ここ」にあるのです。

************

ku:nel49号
私たちのお弁当』(マガジンハウス)

冷えとりガールのスタイルブック』ナチュリラ別冊(主婦と生活社)

『ほぼ日刊イトイ新聞 - お直しとか 横尾香央留』
第45回 《 ポッケのパフェ 》
*エピソードとお直し
第41回 《 抜けない針 》
*こちらはお直しのみ
『お直し とか』横尾香央留(マガジンハウス)
Amazon

************

「ここに暮らす。」活動記録

個展
2007年1月19日~1月23日“cafe&gallery古本 ひなぎく”にて。

************

「シフォンの会」活動記録

2006年5月17日@ひなぎく
2006年4月12日(お花見)@某宅
2005年11月16日@ひなぎく

************

敬意と憧れと好意と共感と

くろねこかしや
(ひなぎく店番日記)
やどかり食堂(旧:みしま便り)
きつねヨーガ教室
つづる、
潤菜 どうしん
Cafe ふたつの木
(Cafe ふたつの木 旧ブログ)
食堂&cafe ひとつむぎ
玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
エバジャム
小昼
(小昼 旧ブログ)
納々屋
ひねもすのたり
まんじゅう 祭
ノラヤ
pois e'
.Fuller
owlアウル
リビングワールド
小熊千佳子
aamukahvi
Emma
笑坐版店
あしたのパン洋品店
うずら
すずきあさこ
伊藤絵里子
木村倫子
higomokkosu SHIRT
MwS a point
Harapeko Album
すみれベーカリー*smile bakery*
Yuki Kasahara “iLi”

たべごと屋のらぼう

foodmood
murmur magazine
小島聖
巡る庭 - ミドリノ

REBIRTH PROJECT

************

タカコ・ナカムラ

かおりとくらし つゆ

マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」

************

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 武蔵野/多摩地区
gift!ベジタリアン食と日々の贈り物

六ヶ所村ラプソディー
ミツバチの羽音と地球の回転

************

roverdover
お気に入りブログ
ナカマサニッキ
toricot
Let's talk a...
お茶の時間
FALL
12ヶ月手帖
letters
sayonara.words
田口ランディ Offic...
muguetakane 日記
SOSU BLOG
つくる日々。
ポチコロベーグル
私は牛乳とヨーグルトが苦...
紅茶やの便箋歌
くろねこかしや
フーテンのコラソン
ぐるりのこと
PEACH PEACH ...
TOSAKANMURI ...
moss* ~ from...
栗八工房舎
coruri/cafe ...
毎日、完全醗酵(して生き...
ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋
メディネ 日々のくすり
しあわせのしずく
small talk
なかじまや
てんとう虫の足あと
TAKASHI TSUD...
atelier
biotope~たわわな...
ふさわしい日々
冷えとり実験部 
雑学コレクション
一粒のこと
トランジション杉並
ココロとカラダの学びの場
ブログパーツ
人気ジャンル
画像一覧