「ほっ」と。キャンペーン

ここに暮らす。 ここに暮らす。

カテゴリ:生活の道具( 14 )
石油ストーブで焼き芋
2011年 12月 08日
石油ストーブの季節がやってきました。

またこの冬も、ストーブの上に、さつま芋を乗せて、焼き芋です。

使うストーブは、何の変哲もない、しゃれっ気も何一つない、至って普通のこんなやつ。
f0125177_16482694.jpg

アルミホイルに包んださつま芋を乗せて、
いいにおいがしてきたら、ひっくり返して、竹串で刺して火の通りなど見て…
f0125177_16485427.jpg


電気の他に、ガスと、灯油と…エネルギーのことを考えると、どれもこれも輸入です。
なるべく、電気を使わないように、と思って、ガス調理にシフトしています。
まぁ、電子レンジは電磁波のことが気になるので、元々ほとんど使わないし、専らオーブントースターと、炊飯器の使用頻度を如何に減らすか、くらいなのですが…。
とはいえ、ガスは安定供給されているけれど、ロシアからの輸入でしょう。
灯油も、いつ何時、中東からの供給が途絶えるか知れないし…。
どっちみち、電気を発電するシステムが、波力とか風力とか、地熱とか、そういうことになっていってくれないと、安心して、エネルギーは使えないのかな、と思う。
でも、そうじゃないな。
安心して…というよりも、とにかく、電気でもガスでも石油でも、節約すること、大事に使うこと、無駄に使わないこと、が自分がしたいことです。

それは、地震があったからとか、福一が爆発したからとか、ではなくて、それ以前からしてきたことだから。



お、焼けたかな!
f0125177_16491482.jpg

ほくほく!頂きます!!
f0125177_16493385.jpg

[PR]
by autumb | 2011-12-08 16:52 | 生活の道具
棚とか机とか、カーペットとか
2010年 07月 27日
広島へ・・・の書き方が、なんだか勘違いしやすい書き方だったみたいで、
広島へ引っ越すことになってるんじゃと・・・すみません。。
普通に、田舎に9月の連休に行くだけなんです。
紛らわしくて、ごめんなさい〜。。
お土産、何があるかなぁ〜。

**********

部屋の片付けを、一心不乱にやっているわけではないのだけれど、
なんとなく、刹那的に見て見ぬふりしていたところを、きれいにしたいな、きれいにしよう、と思って、本当に少しずつだけど、片付けている。
30年近くも、同じところに住んでいると、そうなるもんだと思うのですが、
人って、本当にいろんなものに囲まれて生きているんだと思う。

子供の頃のものって、どれくらい残しておけばいいんだろう、とか。
置く場所があるなら、取っておきたいけれど、ぞんざいな状態ではなく、残すならちゃんと残したいしね。

プロム・ナドゥで、
ふるどうぐ展があるそうです。
2010.7/29(木)~8/3(火)〈最終日は17:00まで〉
期間中「おいしいもの」の販売も予定されているそう。
・co-ttie(焼き菓子)
・petit a petit(パン)
MAMMOTH COFFEE(コ-ヒ-豆)
意外とご近所なのだけれど、なかなか行かれないマンモスコーヒー。
でも、A.K.Laboやここや、いろいろ活躍されているので、出会う機会もあって嬉しいな。

transistaでも、
夏のイベント~ ヨーロッパの古家具と日本の手仕事 ~があるそうです。
201.7/31(土)~8/8(日)
吉祥寺の一軒家雑貨店 " mist∞ (ミスト) " の和の陶器やガラスの器の展示販売に、初日7/31(土)16:00~20:00はオープニングイベントで、青山 " Papie Dore (パピエ・ドレ) " のヨーロッパ家庭料理と冷たいビールが!!

transistaの方は、そもそも価格が高嶺の花なので、見物かもですが、
何かいい収納家具が見つからないかな、と出かけたいところ。
テーブルというか、机も新調したいもんなぁ。

カーペットも、もうかなり後回しにしていたから、新調したい。
スペインのJARAPA(ハラパラグ)が気になっています。
好きな緑色だし、雰囲気もあるし、リサイクルコットンを使っているとかで、成り立ちも美しい。しかも、スペインのムルシア地方に12世紀から伝わるというものだから、すごいな。
歴史のあるものも、いいね。
Day by Day AOYAMAで、セールになっていたりするので、かなり迷います。

そういろいろ理想的に欲しい物を探しつつ、
無印良品も、有り難い存在だったりして、最近良く見直しています。
やっぱり、あまりにも身の丈に合わないものを手にするのも、物に申し訳ないし、
見た目が美しけりゃ、あとはただただ価格が安ければ、とそればかりに気をやるのも良くないけれど、
値段も大事な要素だから。
いろいろ、考える事はあるよね。
単純に、欲しいと思うことが、一番大切だし。

整理整頓、片付けをしても、家具だったり何だったり、生活に必要な道具っていろいろあって、
物入りですけれど、今まで頓着してこなかったし、少しずつ頓着しようと思うのです。
[PR]
by autumb | 2010-07-27 07:03 | 生活の道具
白木の曲げわっぱ
2010年 05月 20日
そろそろ、念願の曲げわっぱを手にするために、本気で物色を始めたものの、どうも夢で終わりそうな気配です。

2周の記念はジーンズで、3周の記念は曲げわっぱ・・・だったのに。。

仙台光原社WISEWISE Toolsで、秋田の大館の曲げわっぱだな!!、と品を確かめ、あとはサイズを考えて・・・と思っていたのだけれど、
偶然、私の部屋で見かけた曲げわっぱの商品名に疑問を持ったのが始まりでした。

曲げわっぱ(ウレタン塗装)

手っ取り早く、こういうときのGoogleですが、
柴田慶信商店の“白木でなければならない理由。”を読んで、ガッテンしました。

表面的に、曲げわっぱが欲しいなら、ウレタン塗装でいいけれど、
自分が求めているのは、白木の曲げわっぱだと分かりました。

けれども、お手入れ方法をまじまじと読んでしまうと、やはり自由に台所が使えない環境にある今、白木の曲げわっぱを手にするのは、現実的じゃないな、と。

悲しいけれど、3周の自分へのご褒美は、変更の予定です。

QUICOでも天然秋田杉、大館の曲げわっぱの弁当箱(小判入れ子大)(栗久)
を扱っているけれど、どうもここでもウレタン塗装をしているみたいだ・・・。
以下、商品説明のコメントより。
“ごはんを入れる部分は白木のままなので、ご飯の水分を程よく吸収し、冷めてもお米本来の甘味やうまみが味わえます。
おかずを入れる段は、おかずの油分や水分がしみこまないよう、コーティングされているので、お手入れもラクラク。
ごはんよりおかずの量が多い最近の食事情に合わせて、容量の多い下段をおかず用にコーティングし、上段をご飯用に白木のままで仕上げてあります。”

伝統工芸品が、今に生きるために必要なことの一つではあるのかもしれないけれど、
それなら曲げわっぱである必要ないよなぁと思ったり…。

お弁当ってのは、しみ込まないようなおかずを入れるのが、鉄則のはずだし、
ごはんよりおかずが多い今の食事情に合わせなくたって良いじゃないかと思う。
おかずばっかり食べては、いけないよ。
曲げわっぱなのに、食育にもならない。

なんて、思ってもしまう。


いつか、自分の台所が持てたら、白木の曲げわっぱ・・・夢ですね。
というよりも、そうなったら、おひつかな!!、と田辺あゆみさんの日記を見て思うのでした。

いろいろ考えると、物って買えないですね。
[PR]
by autumb | 2010-05-20 23:29 | 生活の道具
カレンダー
2010年 01月 23日
手帳と同じくして、1年が始まる前に、そわそわしながら揃えるのが、カレンダー。
今年は、とても気分の良いカレンダーが揃って、うれしいスタートです。

自分の部屋には、ノラヤさんのこよみを。
f0125177_18312931.jpg

今年は、“あぶらごよみ”。
f0125177_183145100.jpg

日常の中で、つい片隅に追いやりがちなことも、
朝、窓を開けた時に、
夜、床に入る前に、
毎日2回、目を止めることで、忘れないでいられます。


トイレのカレンダーが、とても好きなわたし。
ないと、なんだかダメなのです。

1階のトイレには、すずきあさこさんのを。
f0125177_1832238.jpg

どこを眺めていても、楽しそうで楽しそうで、ほっとできるあさこさんのイラスト。
お知らせを見て、ZONART&KAMIKA<ゾナルド&カミカ>で購入しました。

2階のトイレには、madame FIGARO japon2009年12/20号の付録だったフォトグラファー吉田パンダさんのいぬパリカレンダー。
f0125177_1832165.jpg

あんまり、写真や特に動物もののカレンダーは好みではないのだけれど、これは、かわいくって、かわいくって。
たまにしか自分は使わないトイレなので、見られるときは、ますます和みます。

1階の居間には、母の大好きなリサとガスパールのを。
f0125177_18323057.jpg

無表情かと思いきや、なんて表情豊かなんでしょうか。
日々、何かしらの発見をしては、爆笑しながら、楽しんでいます。
たぶん、キャラクターものの中で、わたしもリサとガスパールが一番好きです。
可愛過ぎる!

台所には、もう25年近く朝日新聞のカレンダーを。
f0125177_18335669.jpg

質実剛健でなくてはね、ここは。

番外編は、PS2010年1月号の付録、「道草」カレンダー。
f0125177_18414713.jpg

質実剛健とは正反対な、カレンダーとしての機能なさ過ぎなのだけど、
(良い意味で)ズルイ!?と常々思っていたモデル菊池亜希子さんの連載が基になっているので、これは手持ちで楽しもうと、買ってしまったのでした。
そもそも、PSでこんな連載が人気というのが、はて?と不思議な気もしていたのだけれども、単行本化の2月16日が待ち遠しいです。

あとは、2階の書斎のカレンダー、何かいいのがないかしら、と探しているところです。
[PR]
by autumb | 2010-01-23 18:49 | 生活の道具
茶渋と卵の殻
2009年 12月 20日
日曜日の朝、
茶渋の付いた湯呑みやマグカップをせっせと集めて、一人台所の流しで黙々と作業します。

茶渋取り。

気が付いたら、やるようにしているのですが、日曜日の朝の習慣になっています。

茶渋取りには、卵の殻を使います。
なので、卵料理をしたら、いつも大事に卵の殻を取っておきます。

そんな卵の殻なんかで取れるの!?
、と言われることがあるのだけれど、わたしは茶渋取りはそうするものだとずっと思っていたので、じゃあ何で取るんだ??という感じでしたが・・・漂白剤に漬けておくんですね・・・20年以上知りませんでした。
でも、ボールに水張って漂白剤を入れて、食器入れて、紙に「漂白中!危険!」って書いて置いておくんだよって聞いたら、やっぱりちょいとぞっとしてしまって、結局卵の殻を使い続けています。

逆に、今まで漂白剤を使っていたけれど、卵の殻・・・使ってみようかしら、ちょっと半信半疑だけど・・・という方がいらっしゃったら、ぜひ、一度試してみてください。卵料理をした後に、卵の殻、取って置くだけですから。

少し細かくしてから、磨く器に少量の水を入れて、ゴシゴシします。
琺瑯の鍋やガラスコップも同じくやっていますが、陶器にしてもガラスにしても、卵の殻の方がやわらかいので、器が割れない程度の力なら、結構頑張っても平気です!

どうしても影ができてしまって分かりにくいですが・・・ビフォアーアフターで写真を。

マグカップBefore
f0125177_10481779.jpg


マグカップ途中経過
f0125177_10485991.jpg


マグカップAfter
f0125177_10493524.jpg

う~ん、ピカピカです!!

もう一ついってみます。

湯呑みBefore
f0125177_10571239.jpg


湯呑み途中経過
f0125177_10573591.jpg


湯呑みAfter
f0125177_10575494.jpg

こちらも、ピカピカです!!

こうして、日曜日の朝は、すっきりした気持ちで、すっきりした湯呑みで緑茶を頂きます。
今朝は、干し柿をお茶請けに!
[PR]
by autumb | 2009-12-20 10:59 | 生活の道具
湯たんぽはじめ
2009年 11月 05日
11月に入って、急に冬のよう。
こりゃいかん!、と寝るときの湯たんぽ作りを始めました。

去年の冬は、いつから使い始めたか・・・と調べてみたら、
まさに去年の今日!11月5日でした。
毎年毎年、夏でもなく冬でもない、ちょうどいい季節が少なく感じられるけれど、
やっぱり文化の日を境に、ぐぐっと冬が近づくのは、去年と比べたところでは同じ感じなのかな。

湯たんぽを使い始めて、4年目。
使い始めから、ちゃんと定着して、良さを日々実感。

結局、日中の自分ではどうしようもない空調対策として、PRISTINEのニットキルト湯たんぽも今年の夏に購入しました。
f0125177_23451232.jpg

天然ゴムの湯たんぽで、持ち運びも扱いも楽だし、かなり重宝しています。
熱源の持ちはそんなに良くないけれど、サイズが小さいので、使い勝手は日常使いに持って来い。
トタンのそれと比べると、大分高価だったけれど、これなら充分安いものだわ、と思いました。
渡来品とのことだったのだけど、パッキン部分の交換も可能と聞いたので、買うことにして、正解でした。

結局、夏から毎日のように使っていて、気が付いたら冬・・・。
春夏秋冬なんて、全くないような日中の生活を思い返すと、空恐ろしくも感じるのだけれども、
現状では仕方がないので、如何にしてそれによる体への負担を軽くするかが、大切!と思うようにしています。

湯たんぽさん、この冬もよろしくどうぞ。
[PR]
by autumb | 2009-11-05 23:48 | 生活の道具
さよなら樽
2009年 06月 20日
f0125177_1216041.jpg


今年から、ぬか漬けの樽と、梅干しの樽を一新しました。

ぬか漬けの樽は20年ほど、
梅干しの樽は、もともと白菜漬けに使っていたけれど25年ほど、
我が家でがんばっておりました。
わたしとほぼ同年代です。

けれども、どちらも老朽化で・・・
琺瑯は錆が出てきちゃったのと、
プラスチックの方は、本体はともかく蓋がボロボロに朽ちてきてしまったので、
買え替え時かなと。

長い間、ありがとう。
お疲れ様でした。

ぬか漬けの樽は、野田琺瑯のWhite Series ラウンドストッカー18cmにしました。
今まで使っていた、昔ながらの青い琺瑯のと比べてスタイリッシュ!で台所が明るいと思ったけど、使い勝手は昔の方が慣れているせいもあってか、いいような気が・・・気になって野田琺瑯のサイトを調べていたら、ホーロータンク18cmというのが、まさに同じもののような気がしました。剥げかけた我が家のホーローのラベルには、「N・H」の文字が・・・。
もし、同じだったらずっと作り続けているということに、ある種の感動を覚えます。
そして、そっちを求めたかったかも・・・。
でも、新鮮な気分にもなれたし、良しとしました。
ちなみに、White Series ラウンドストッカー18cmは、おしゃれな雑貨屋さんでも4200円でたまに見かけますが、タウンセブンの報恩商店だと3990円です。
大した金額の差じゃないんだけれど、昔からのいわゆる雑貨を扱っていたお店こそ、ちゃんといいもの揃えているし、品揃えもあるし、詳しいし、覘かなくてはねぇと思います。

梅干しの樽は、祖母が数年前まで使っていたプラスチックのを貰い受けました。
先月、田舎へ行ったときに納屋から探してきました。
小さめだけれど、梅干し2kgにはちょうどいいサイズ。おまけに、2.5kgと1.5kgの重りもあったので、助かりました。
祖母が梅干し作りをやめてから、自分で漬け始めて今年で3回目です。
[PR]
by autumb | 2009-06-20 12:33 | 生活の道具
今日から、
2008年 11月 05日
f0125177_2321828.jpg

湯たんぽ。
[PR]
by autumb | 2008-11-05 23:21 | 生活の道具
寒い~
2008年 03月 31日
f0125177_22226100.jpg

花冷えですね。

三寒四温


先週からやめていた湯たんぽ、復活の今夜。
[PR]
by autumb | 2008-03-31 22:02 | 生活の道具
家具のリサイクル
2008年 02月 08日
鶴見リサイクルプラザ
[PR]
by autumb | 2008-02-08 23:29 | 生活の道具



暮らしの記録
by autumb
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
お弁当日記について
at 2013-05-21 13:36
今日のお弁当(3月前半)
at 2013-03-16 10:17
カバーソックスあれこれ
at 2013-03-15 23:21
Re: 何枚履いてる?
at 2013-02-15 19:31
冷えとりとわたし
at 2013-02-10 11:09
owl アウル 2月の展示会..
at 2013-02-09 17:15
「冷えとり」について
at 2013-02-08 22:01
Whole Food とタカ..
at 2013-02-07 17:32
「お直し とか」横尾香央留(..
at 2013-02-07 17:29
大阪の話その4(日帰り神戸)
at 2013-02-05 21:19
カテゴリ
全体
ここに暮らす。のわたしについて
お知らせ
冷えとり

朝ごはん
お弁当/お昼ごはん
夕食・間食・外食
その日一日
どこかへ、
ことば
音楽
衣服
建物
書籍
映像
番組
暮らし方
人。ひと。ヒト。
生活の道具
スキンケア、化粧品、など
ひとりごと
その他
未分類
記事ランキング
以前の記事
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
「ここに暮らす。」について
ここに暮らす。

すてきな写真も絵も、雑貨もありません。
けれども、気持ちいい暮らしのしっぽがあります。

暮らしのしっぽ、つかんでみてください。

誰かが気持ちいいと思ったことを、また他の誰かにつなげていけたら良いなと思います。

かわいいことは何もないけれど、
一瞬に捕らえられない日々の暮らしの喜びは、あなたの暮らす、「ここ」にあるのです。

************

ku:nel49号
私たちのお弁当』(マガジンハウス)

冷えとりガールのスタイルブック』ナチュリラ別冊(主婦と生活社)

『ほぼ日刊イトイ新聞 - お直しとか 横尾香央留』
第45回 《 ポッケのパフェ 》
*エピソードとお直し
第41回 《 抜けない針 》
*こちらはお直しのみ
『お直し とか』横尾香央留(マガジンハウス)
Amazon

************

「ここに暮らす。」活動記録

個展
2007年1月19日~1月23日“cafe&gallery古本 ひなぎく”にて。

************

「シフォンの会」活動記録

2006年5月17日@ひなぎく
2006年4月12日(お花見)@某宅
2005年11月16日@ひなぎく

************

敬意と憧れと好意と共感と

くろねこかしや
(ひなぎく店番日記)
やどかり食堂(旧:みしま便り)
きつねヨーガ教室
つづる、
潤菜 どうしん
Cafe ふたつの木
(Cafe ふたつの木 旧ブログ)
食堂&cafe ひとつむぎ
玄米と旬の野菜・チャイの店 MOMONGA
エバジャム
小昼
(小昼 旧ブログ)
納々屋
ひねもすのたり
まんじゅう 祭
ノラヤ
pois e'
.Fuller
owlアウル
リビングワールド
小熊千佳子
aamukahvi
Emma
笑坐版店
あしたのパン洋品店
うずら
すずきあさこ
伊藤絵里子
木村倫子
higomokkosu SHIRT
MwS a point
Harapeko Album
すみれベーカリー*smile bakery*
Yuki Kasahara “iLi”

たべごと屋のらぼう

foodmood
murmur magazine
小島聖
巡る庭 - ミドリノ

REBIRTH PROJECT

************

タカコ・ナカムラ

かおりとくらし つゆ

マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」

************

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 武蔵野/多摩地区
gift!ベジタリアン食と日々の贈り物

六ヶ所村ラプソディー
ミツバチの羽音と地球の回転

************

roverdover
お気に入りブログ
ナカマサニッキ
toricot
Let's talk a...
お茶の時間
FALL
12ヶ月手帖
letters
sayonara.words
田口ランディ Offic...
muguetakane 日記
SOSU BLOG
つくる日々。
ポチコロベーグル
私は牛乳とヨーグルトが苦...
紅茶やの便箋歌
くろねこかしや
フーテンのコラソン
ぐるりのこと
PEACH PEACH ...
TOSAKANMURI ...
moss* ~ from...
栗八工房舎
coruri/cafe ...
毎日、完全醗酵(して生き...
ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋
メディネ 日々のくすり
しあわせのしずく
small talk
なかじまや
てんとう虫の足あと
TAKASHI TSUD...
atelier
biotope~たわわな...
ふさわしい日々
冷えとり実験部 
雑学コレクション
一粒のこと
トランジション杉並
ココロとカラダの学びの場
ブログパーツ
人気ジャンル
画像一覧